フルマラソンゴールの瞬間DVD鑑賞会を開く夫に妻ウンザリ

NEWSポストセブン / 2014年2月13日 16時0分

 たった1回褒められたからって、それを何度も自慢されては、周りの人間としてはウンザリしてしまうもの。神奈川県に住むアルバイトの女性・Kさん(55才)の夫(57才)は、一度の偉業を何度も何度も反芻しているという。Kさんが夫への不満をぶちまける。

 * * *
 定年が見えてきたせいか「人生で1度くらい、仕事以外のなにかをやり遂げてみたい」と言い出した夫。

 あれでもない、これでもないとさんざんビール片手にクダ巻いたあげく「やり遂げ感があるといったら、やっぱフルマラソンだな」と。

 そして半年後のフルマラソン大会を目標に、毎朝、走りだしたのよ。三日坊主かと思えば、意外に走ることが体に合っていたようで、自分で決めた練習プランを着々とこなして、本当にフルマラソンを完走しちゃった!

 そのときの体重はマラソン開始以前よりも10kgも減少。心も体も引き締まってて「パパ、かっこいいっ!」と私も娘も大拍手したわよ。

 問題はその後。半年たった今、休前日の夜は家族を集めて自分がゴールしたときのDVDを鑑賞しつつ“オレってすごい”会の相手をさせられるんだよね。1度や2度なら、おつきあいするけど「完走の感想はぁ~」なんて毎度やられたら、こっちだってキレるって。「過去の栄光をいつまで引きずったら気がすむのよっ」と言えば「過去じゃない。つい最近だ」と。

※女性セブン2014年2月27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング