リピート希望95.4%「おひとりさま」参加可能なツアーが人気

NEWSポストセブン / 2014年2月15日 16時0分

 大手旅行会社クラブツーリズムが、2月6日に発表した「旅行とシニアライフに関する意識調査」(旅行好きの50~60 代のシニア世代男女400名に実施)によると、「春になって暖かくなって来たら、やりたい事」の1位は「国内旅行」(85.0%)、2位「お花見」(39.0%)、3位「海外旅行」(35.3%)に。また「4月の消費税増税後にも、節約したくないもの」は2位の「夫(妻)へのお小遣い」(45.8%)を大きく引き離し、「旅行のお金」(72.3%)が1位という結果になった。

 おトクな航空券やパッケージツアーなどで人気の旅行会社、HISのバケーション事業グループ・高橋洋さんは、シニアに支持されるツアーの要素を「“安全・安心・高品質”の3つのキーワードが、大切だと考えています」と話す。

「インターネットの普及などで旅の予約や手配が簡単になり、一時期はパッケージツアーが減少し、個人旅行が増加傾向でしたが、シニア旅行者の増加によって“安全・安心・高品質”の条件を満たす、パッケージ旅行のニーズが再認識されてきています。団塊世代を中心としたシニア旅行者を意識し、当社も2013年1月から『60才以上 お得なシニア割』などのシニア向け商品の充実を図ってきました。ひとり旅を希望する方も多く、『おすすめ1人旅』『1人旅応援出発日』といった企画ツアーが人気ですね」(高橋さん)

 パッケージ旅行の特典としては「個人で手配するより料金が安い(団体割引)」「空港-ホテル間の送迎や観光がついていて添乗員もしくは現地係員、ガイドがいるので一人でも安心、言葉の心配もない。ガイドの説明があるので知識欲も満足できる」「万一のときの保証・補償がある(旅程保証、特別補償)」などのメリットがある。

「とりわけ、ツアーパンフレットの内容順守を保証する『旅程保証』、ツアー中の事故に対して旅行保険とは別に、海外なら最大2500万円までの見舞金が支払われる『特別補償』は、旅行業法に定められた消費者保護のひとつです。あまり認知されていない項目ですが、パッケージツアーの大きなメリットだと思いますよ」と教えてくれたのは、観光ジャーナリストの千葉千枝子さん。

 こうしたパッケージ旅行人気の再燃など、旅の傾向に変化はあるのだろうか?

「昨今増加しているシニア旅行者は、旅に目が肥えた方が多く、知的好奇心も旺盛なことから、世界遺産や音楽鑑賞などテーマのある旅が人気。特に世界遺産人気は根強く、文化の薫風高い欧州や、秘境や辺境と呼ばれる地がトレンドです。ただし秘境辺境と呼ばれる地、特にアフリカや南米などは個人旅行では行きづらい場所が多いため、パッケージ旅行がもっとも効率がよいと言えます。オペラ鑑賞など、チケットを要するものもツアーでの事前予約なら確実性がありますし、個人で手配するわずらわしさもありません」(千葉さん)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング