1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

ボブスレー漫画描く土屋雄民氏「ソリの形状に目を奪われる」

NEWSポストセブン / 2014年2月15日 16時0分

--国としてはどこが強いんですか。

土屋:伝統的にヨーロッパです。人気競技なので、たとえばドイツでは国家予算でソリの開発が進められています。小さな国でも選手が軍人さんだったり、威信をかけた戦いが行われています。それ以外ではアメリカ。アメリカのソリは自動車メーカーのBMWが開発しています。

--車のメーカーがソリを作っているんですか?

土屋:噂によると、アメリカ国内で自動車の販売をアピールするために開発に協力していると聞きます。フェラーリも参加していますよ。高速で移動する車体の強度、空気の流れの計算など自動車で培った技術が転用しやすいのです。

 ボブスレーで大事な要素は選手、ソリ、ソリを支えて氷を滑るランナー(刃)の3つ。強豪国はこのランナーも何十種類も用意して、当日の氷の調子を見極めて付け替えていきます。

--他に土屋さんが魅力を感じる点はありますか。

土屋:やっぱりボディの格好良さですよ!ソリの形状から描かれているデザインまで各国さまざまで楽しい。漫画家として目を奪われるところですね――。

 日本人選手が出場するボブスレー男子2人組の予選は、日本時間で16日日曜日深夜1時15分からである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング