金田正一 巨人新外国人に「マイネーム・イズ・カネダサン」

NEWSポストセブン / 2014年2月21日 7時0分

 恒例の巨人宮崎キャンプを訪れた金田正一氏。早速、原辰徳監督から「今年は巨人軍80年の歴史の中でも非常にバランスとれた布陣」との言葉を引き出した。その後は再び練習場へ移動。原監督がドラフト1位ルーキーの小林誠司を呼んで紹介した。

金田:頑張れよ(と握手)。レギュラーになったらもう1回握手しよう。

小林:(緊張でガチガチになりながら)ハイ!

金田:(自分を指さしながら)ワシを知っとるか?

小林:ハイ、もちろんです。

金田:長嶋さんだよ。

小林:えっ? あっ、ハイ(とギャグに困惑)。

“鉄板”のネタで新人選手をいじった後は、次々挨拶に訪れる選手たちに対応。新外国人左腕のセドンには、

「マイネーム・イズ・カネダさん」

 と気さくに自己紹介。400勝投手と聞かされたセドンは驚き、

セドン:グレイト! フォーク?

金田:ノー、ストレートオンリー。三振は4500だ。

セドン:オー!!(とさらに驚く) イッツ~~(と英語で畳みかける)。

金田:そうか、そうか。

 400勝の偉大さは言葉の壁をも越える? カネやんは満足そうにキャンプを後にしたのだった。

※週刊ポスト2014年2月28日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング