菊池桃子 障がいの後遺症持つ長女の受験奮闘記を報告する

NEWSポストセブン / 2014年2月23日 7時0分

<今日は、娘の入学を前に制服採寸に。寸法合わせで、試着の学生服に身を包む娘を見たら、いつもより幼さが消えて見えまして…「大きくなったなぁ~」と不覚にも、涙がこぼれた私です>

 2月16日、こうブログで喜びを綴ったのは、現在、シングルマザーとして奮闘する菊池桃子(45才)だ。

 小学6年生の彼女の長女(12才)は、2月1日に都内の有名私立女子中学を受験。難関を突破し、見事、志望校に合格したのだ。

 1995年5月、プロゴルファーの西川哲(45才)と結婚した菊池。1996年8月には待望の長男(17才)が誕生。一家は幸せの絶頂を迎えていた。

 しかし、順風満帆な結婚生活を送っていた菊池に悲しい出来事が起こる。1999年2月、彼女は第2子を流産してしまうのだ。そんな悲劇を乗り越え誕生したのが長女だった。だが、菊池への試練はさらに続く。

<2001年10月に生まれた長女が、乳児期に脳梗塞を発症しました。今はお陰様で成長の助けと、リハビリが功を奏し、独歩も可能ですが、左の手足に麻痺が残っていることは否定できません>

 ある女性誌のインタビューで、菊池自身がこう明かしているように、長女は障がいの後遺症を抱えて生きていくことに。

 そして2008年4月には、お受験を突破して有名人の子供が数多く通う有名私立小学校への入学を果たした。しかし…、

「学校生活を送って行くなかで、支障をきたすことも多かったのか、途中で肢体不自由児を対象とした特別支援学校へ転校することになりました」(菊池の知人)

 何度も何度も壁にぶつかり、苦悩する日々。そんな葛藤を繰り返すなか、2012年1月、菊池は夫・西川と離婚する。彼女は離婚の原因については一切明かさなかったものの、西川の多額の負債や女性問題が明らかとなった。しかし菊池は、慰謝料や養育費を西川から一切受け取らなかったという。

「離婚の際に慰謝料や養育費を主張しようと思えばできたんですが、西川さんには多額の負債があったため断念して、菊池さんは女手ひとつで子供たちを育てていくことを決意したんです」(前出・菊池の知人)

 そして子育てとともに彼女の肩にのしかかったのが高齢の母の介護だった。

「最近、菊池さんのお母さんの足の具合がよくないようで、その面倒も見なければならず、仕事を全開というわけにはいかないんです」(前出・菊池の知人)

 さらに長女と母のために、昨年5月にはバリアフリー設計の1億2000万円といわれる新居も購入している。経済的にも負担が大きいなか、長女が有名私立中学の受験を志す。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング