抗がん剤使わぬがいいとの説 梨元氏は使用後2か月で亡くなる

NEWSポストセブン / 2014年2月24日 7時0分

 厚生労働省の政策レポートによると、1981年以降、がんは日本人の死因の第1位で、現在では年間30万人以上ががんで亡くなっている。そうしたなか、『医者に殺されない47の心得』の著者で慶應義塾大学病院放射線科・近藤誠医師は独自の理論を展開してきた。

 抗がん剤は、そもそもがん細胞を殺すことを目的に作られた猛毒であると近藤医師は主張する。問題なのは、がん細胞と正常細胞はその構造、機能がほとんど同じであるため、がん細胞だけを殺すのは不可能だということ。その結果、呼吸器、消化器、泌尿器、中枢神経など生きるうえで大切な臓器の機能も低下してしまう。患者がすぐに気づかなくても水面下で症状は進み、回数を重ねると突然心不全や呼吸困難に陥ることもある。

 さらに抗がん剤の効き目には個人差があり、一度の使用で重要臓器の機能が落ちる可能性も。抗がん剤が効くといっても単に一時的にがんを縮小させるだけで、しこりはやがて必ず大きくなる。ゆえに延命効果も期待できない、と近藤医師は語る。

「それでも抗がん剤を使うのは、止めると多くの病院が経営困難に陥るから。検診や手術も含めて、がんは病院の大きな収益源。普通に病院に歩いて行けたのに、『余命3か月だが、抗がん剤を使えば1年』と治療をセットにして勧められたら、逃げ帰ってください」

 また、何かしなければ患者や家族に責められるように感じ、抗がん剤さえやれば安心と考える医師もいる。しかしその「善意」が、結果的に患者を苦しめている。

 2010年4月、芸能レポーターの梨元勝さん(享年65)は空咳が出るため検査。右の肺にがんが見つかった。病院の医師は抗がん剤を勧めた。そこで6月、7月に抗がん剤治療を実施。心臓に持病のあった梨元さんはこの時点でかなり衰弱する。8月、3回目の抗がん剤を服用すると心不全により死亡。検査前は元気だったが抗がん剤使用後、わずか2か月で亡くなった。

※女性セブン2014年3月6日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング