中国で1000人の風俗関係者連行 習主席の反腐敗闘争の一環か

NEWSポストセブン / 2014年2月26日 16時0分

 中国最大の売春街、広東省東莞市(とうかんし)。2月10日、公安当局の性風俗店掃討命令を受け、サウナやカラオケなど約2000か所に捜査が入った。駆り出された当局員は6500人。その後の省内全域を対象とする摘発と合わせ、1000人余の風俗関係者が連行された。

 記者はかつて、この売春街を潜入取材したことがある。街中のホテルにはサウナがあり、店内に入ると小部屋に通される。淫靡なドレスをまとう“小姐(シャオジェ)”が次々と姿を見せ、客の目の前で選抜ショーが行なわれた。女性の胸には番号が書いてある。数字が8ならば“800元(約1万4000円)でお持ち帰り可能”といった料金体系を意味する。

 公安の手入れは大丈夫なのか。マネージャーに質したところ、「心配いらない。手入れがあるときは事前に(公安関係者が)教えてくれるから、その日は休業する」とニンマリと返された。

 性風俗店が公安当局と裏で癒着していたのは“公然の秘密”である。「地元官僚に多額の袖の下を握らせ、認可を得ていた。官僚たちにとっての不正蓄財の温床となっていた」というのは中国事情に詳しいジャーナリスト・富坂聰氏である。

「それだけに今回の取り締まりは、地方の共産党員にも“不正蓄財は許さない”という政治的メッセージが込められている。賄賂や横領などが横行し、緩みきった党内の再生を至上命題とする習近平国家主席の“反腐敗闘争”の一環でしょう」

 所変わって北京。全人代を前に、こちらも例年よりひときわ強い緊張に包まれている。中国最高幹部逮捕のXデーが近い、と囁かれているからだ。ターゲットは、中国の最高意思決定機関、中国共産党中央政治局務委員(常務委)だった周永康(しゅう・えいこう)氏(71)である。

 中国共産党員は全人口の6%にあたる8500万人、その頂点にあたる常務委メンバー9人は「チャイナ9」と呼ばれ(2012年11月の改選によって常務委は2人減り現在は「チャイナ7」)、国内外から動向が注目されてきた。

 周氏は公安・検察を管轄する党中央政法委員会書記も兼務していた。いわばかつての「取り締まり部門」のトップ。エネルギー関連の利権を握る“石油閥”でもあり、一昨年の11月に役職から退いたとはいえ、現政権にも影響力を持っていた。そんな周氏がなぜ摘発されるのか。北京駐在の大手紙記者が答える。

「莫大な石油利権を親族グループの懐に入れたと見られています。捜査対象の汚職金額は、1000億元(1兆7000億円)です」

 周氏は一昨年に横領容疑で逮捕され、昨年無期懲役が確定した重慶市党委書記・薄熙来(はく・きらい)氏の汚職にも関係していたと見られている。

「それにしても常務委経験者は摘発の対象外とされていたから、ここまでやるか、と驚くしかない」(同前)

 既に周氏の配下はことごとく逮捕され、その中には気功集団「法輪功」取り締まりの指揮をとっていた、公安副部長・李東生氏という“大物”もいる。

 外堀は埋まった。周氏はすでに当局の軟禁下に置かれ、3月中にXデーが訪れるとの見方もある。

※週刊ポスト2014年3月7日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング