7億当せん番号の宝くじ持つ萩本欽一 換金せず見せびらかす

NEWSポストセブン / 2014年3月3日 7時0分

 3月の公演をもって舞台を“卒業”することを宣言した“欽ちゃん”こと萩本欽一(72才)だが、昨年暮れの年末ジャンボ宝くじで、7億円の当せん番号にピタリだったという。

『欽どこ』(テレビ朝日系)のオーディションでジャンケンをさせ、勝った見栄晴を「運がある」と息子役に選ぶなど、運について数々のエピソードを持つ欽ちゃん。

「理屈ばっかりじゃダメ。宝くじを当てれば説得力があると思い、買ったんですよ」(欽ちゃん・以下「」内同)

 欽ちゃんが宝くじの購入役に選んだのは、事務所の40代の女性スタッフだった。

「これまで彼女の口から『ラッキ~!』という言葉を聞いたことがありませんでした。恋人もいないし、だから絶対に運を“ため込んでいる”と思ったんです」

 そして抽選後、彼女の買ってきた宝くじの番号を見ると「130916」。

「大当たりだよ! 7億円!!」

 これには欽ちゃんも大興奮だった。

「そばにいたスタッフが、“7億円ですよね。ぼくにはいくらくれるんですか?”って。“100 万円あげる”“ケチ!”。

 おかしいと思いませんか? 普段、“100万円あげる”と言ったら“太っ腹! ありがとう。このご恩は一生忘れません”って泣いて喜ばれますよ。それが7億円のうちの100万円だと“ケチ”ですからね」

 結局、この7億円狂騒曲には、欽ちゃんらしいオチがつく。

「組番号が違ってたんですよ。組違い賞は賞金10万円。でも、7億円のかなり近くにまではいきました。その宝くじは、換金しないでみんなに見せびらかしてる。次の年末ジャンボ、また買いますよ」

※女性セブン2014年3月13日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング