名古屋に嫁いだ伊東美咲 東京・麻布に引っ越した理由は何か

NEWSポストセブン / 2014年3月3日 7時0分

 各国大使館が建ち並ぶ都内有数の高級住宅街・麻布。そこに最近、完成したばかりの邸宅への引っ越し風景に、一人の美女の姿を見つけた。170センチを超える長身、スラリと伸びた四肢、大きなマスクを着けていても端正な顔立ちがわかる。
 
 2009年に名古屋に本社を置くパチンコ機器メーカー社長と結婚し、現在は育児に専念するため芸能活動休止中の女優・伊東美咲(36)だ。
 
「名古屋で悠々自適の生活を送っていると思っていましたが、最近になって都内の一等地に大豪邸を建築したと聞きました」(テレビ関係者)
 
 休業後は、“ママ友”で大手パチンコホール社長夫人である神田うの(38)のブログに時折登場する程度で、ほとんど近況は伝わってこなかった。
 
 だが、今年に入って都内で3歳の愛娘を連れて買い物をしている姿が写真誌に撮られ、その美貌の健在ぶりが報じられている。広告関係者がいう。
 
「東京に居を移したのは、地方生活に飽きたとか、芸能活動を再開するためじゃないかと噂になりました。彼女ならすぐにCMオファーが来ますからね」
 
 実際のところどうなのか。事務所に尋ねると、「結婚後は名古屋と東京を行ったり来たりの生活をしています。新居や復帰の話は聞いていません」と答えるのみ。しかし、伊東と近い芸能関係者が明かしてくれた。
 
「すべては娘の教育のための引っ越しです。進学先の選択肢が多いことや通学の利便性などを考えると、名古屋よりも、都内の有名幼稚園に入れた方がいい。著名人の子息が通うプレスクールに入れるために、1年ほど前から新居近くの庭付き低層階マンションを借りて、邸宅の完成を待っていたそうです。復帰はまだまだ先でしょうね」

※週刊ポスト2014年3月14日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング