悪質客引き・ぼったくり横行で銀座ママが撲滅を訴えパレード

NEWSポストセブン / 2014年3月7日 16時0分

写真

銀座高級クラブのママやホステスたちがパレードに参加

「最近全然来てくれないじゃない!」と、怒っているわけではない。彼女たちは、愛する銀座の街を守ろうと立ち上がったのだ。

「客引きを許さないぞー!」

 凛とした声が夕刻の並木通りに響き渡ったのは、2月20日のこと。艶やかな着物に身を包んだ高級クラブのママたちが、“客引き撲滅”を訴え、警察官らとパレードを行なった。

 近年、銀座では悪質な客引きやぼったくりが増加。昨年1年でも、通報が80件、26人が検挙されている。

「かつての銀座ではありえないお話です。本当に許せません。お客様に安心して伝統と気品ある銀座を楽しんで頂くためにも、これからも声をあげてしっかり守っていきたい」(クラブ・グレの山口さゆりママ)

 座っただけでウン万円という高級クラブのママたちを怒らせたら、それは恐ろしいこと間違いない。今後も月に2~3回、有志でパトロールを続けていくという“夜の蝶”たち。戦いは始まったばかりだ。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年3月14日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング