妻の不倫で離婚した男性 自分に似ていないと娘を施設に送る

NEWSポストセブン / 2014年3月8日 16時0分

「涙にはストレス解消の効果がある」と、メンタルヘルスケアの専門家は指摘する。ここでは、施設に預けられた孫娘の思いやりに涙した58才主婦が語ったエピソードを紹介しよう。

 * * *
 息子の嫁が、不倫の末、子供と離婚届を置いて出て行ってしまいました。心配で、ちょくちょく様子を見に行っていたのですが、ある日息子の家に行くと、孫娘のM美がいません。どうしたのか聞くと、「施設に預けてきた」と言うんです。

 息子の話によれば、娘は自分に全然似ていない。嫁と不倫相手の子かもしれない。そう思うと、かわいがる気がせず、育児を放棄して施設に置いてきたんだそうです。

 私は急いで、その施設に向かい、M美を連れて帰ろうとしました。するとM美は、「バアバがお父さんに怒られちゃう」なんて言うんです。わずか3才の子が…。

 私は抱きしめて、「大丈夫。これからはバアバのおうちで暮らそう」。そう言ってM美の背中をさすると、ぽろぽろ泣きながら、うなずいてくれました。

 M美に罪はないし、縁あってうちの家族になった子です。私はいつか、息子がまたM美と一緒に暮らすと言ってくれることを信じています。

※女性セブン2014年3月20日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング