花粉症の人 トマト、メロン等食べてアレルギー反応示す例も

NEWSポストセブン / 2014年3月8日 16時0分

 厚生労働省の報告書によれば、日本人の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患しているという。だが、意外とアレルギーについての正しい情報を知っている人は少ないのでは? 花粉症の本格シーズンを前に、アレルギー情報に関するウソ・ホントを厚生労働省の花粉症対策などを担当している医学博士の大久保公裕さんに聞いた。

 スギ花粉症持ちで、なぜか生トマトを食べる度に唇がピリピリするという人も。アレルギーがある人は、特定の果物や野菜が食べられなくなるというのは本当だろうか? 実は、花粉症と果物などの食物アレルギーには“深い”関係があるという。

「例えば、スギやヒノキの花粉症がある人は、トマトを食べると花粉を吸い込んだ時と同様に、口がかゆくなったり、のどに違和感が出たりと、アレルギーの症状が出る可能性が高いんです」(大久保さん、以下「」内同)

 これは、スギ花粉とトマトのタンパク質の構造が酷似しているため。花粉に反応する抗体が、特定の果物や野菜にも同様に反応してしまうのだ。

「シラカバの花粉症ならりんごやもも、さくらんぼ。ブタクサの花粉症ならバナナやメロン、すいか。イネ科の花粉症ならセロリ、メロン、トマトに同様の反応が見られることがあります」

 卵が大好きで、毎日1、2個食べるのは当たり前。ところが、同じものを食べ続けたから卵アレルギーになったと言う人もいるが…。

「ひとつのものだけを過剰にとると、抗体が増え、アレルギーを起こしやすくなるのは事実」

 花粉症も、長年花粉を吸い込み続けることで、体内でアレルギー反応を起こすIgE抗体が作られ、コップの水があふれるように突然、発症するのだ。

「食べ物も同じです。もちろん、絶対に発症するわけではありませんが、可能性は上がるので好物もほどほどにしましょう。アレルギーを発症しにくくするためにも、多種多様な食べ物をバランスよく食べるように心がけてください」

※女性セブン2014年3月20日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング