コーヒーにも世代間ギャップ 最近の若者は甘党多いと専門家

NEWSポストセブン / 2014年3月14日 16時0分

写真

コーヒーの世代間ギャップについて話す大屋茉莉子さん

 世代が異なると初体験の形が大きく異なるものがある。音楽視聴なら20代はYouTubeやニコニコ動画、世代が上がればCD、カセット、レコードと変化する。この世代間ギャップはコーヒーにも存在し、その結果、若い世代ほど甘いコーヒーを好むという。キリンビバレッジ株式会社マーケティング本部で「キリン ファイア カフェデリ」シリーズを担当する大屋茉莉子さんに、コーヒーの世代間ギャップから生じる好みの変化について聞いた。

「これまでコーヒーというと、香りはもちろん、苦みが美味しさだという意識が強いものでした。ところが、20代にとってコーヒーは苦み中心で飲むものではないようなんです。ミルクたっぷりで、キャラメルやチョコレートなどの甘いフレーバー入りが彼らの好きなコーヒー。一般的にも言われていますが、若年層の苦み離れという味覚の好みにおける世代間ギャップがあるそうなんです。

 たとえば初めてのコーヒー体験について聞くと、喫茶店や缶コーヒーだったという30代以上に対して、20代はシアトル系カフェが初めてという人が少なくありません。カフェにもストレートなコーヒーはありますが、ミルクたっぷりで様々なフレーバーを合わせたラテなどが特徴的ですよね。彼らにとっては、甘くてミルクたっぷりの飲み物もコーヒーで、それらを好んで飲んでいるようなのです」

 コーヒー初体験の場が以前とは違う若年層は、甘いフレーバーコーヒーを女性だけでなく男性も好んで飲む。ペットボトル入りフレーバーラテとして販売している「キリン ファイア カフェデリ」シリーズのユーザー解析をすると、男性が6割で女性が4割だった。

「甘いものをお店で注文するのに抵抗があるかと男性にたずねる調査があったのですが、意外に『あまりない』と回答する人が多かった。特に若い男性に抵抗がないと答える人が多かったですね。仕事終わりのコンビニでスイーツを買う男性も珍しくなくなっています。『カフェデリ』シリーズも、スイーツ代わりになるようなカフェの飲み物と同じように味わってもらえているのだと思います」(前出・大屋さん)

 この春「カフェデリ」に新しく登場するフレーバーには、ダブルキャラメルとクリーミー宇治抹茶という、いずれも春のカフェメニューとして並びそうなメニューが並んだ。

「カフェデリはファイアというコーヒーのブランドですが、クリーミー宇治抹茶は初めてのコーヒーが入っていない商品です。でも、抹茶ラテはカフェメニューだったら珍しくないですよね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング