宮本武蔵より「時計じかけの木村拓哉」見てみたいと女性作家

NEWSポストセブン / 2014年3月22日 16時0分

 数字を期待される役者は有形無形の重圧にさらされる。視聴者の厳しい視線こそが、役者を成長させるのもまた事実だ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、話題のドラマについて考察した。

 * * *
 3月15、16日に放送された鳴り物入りのスペシャルドラマ、木村拓哉主演「宮本武蔵」(テレビ朝日系)。視聴率は第1話14.2%、第2話12.6%。なんだかパッとしない結果に終わりました。ネットを見回してみても、視聴者の厳しい感想が目につきます。

 いったいなぜ、2日にもわたって5時間もかけて、しかもテレビ局開局55周年と銘打ったスペシャルな枠組みで、こんな結果になったのか? みんなの謎です。何が、原因なのでしょう?

 このドラマを見て、一つ気付いたことがありました。「真木よう子って、こんなにヘタな役者だったの?」ということ。演技が「下手」、セリフが「棒読み」、女優として「大根」という書き込みがネット上でも見受けられました。やっぱり私と同じように感じていた視聴者は多いらしい。好きな役者さんだったのに、な。

 今回の真木さんは、残念な登場の仕方でした。新劇セリフがひっかかって、口から滑らかに出てこない。姿もお芝居も、「お通」というヒロインの役柄に見えてこない。だから、ドラマに没入できない。どんどんさめてしまう。そんな所にも、このドラマ作りそのものをめぐって問題点が現れていたのではないでしょうか。

 真木よう子は、いわゆる演技派ではなくて、個性派。テイスト感がいい。持っている雰囲気が独特。その特性を引き出したり生かすような脚本や演出ができなければ、むしろ、彼女の「技術的な不足」ばかりが目についてしまう。「宮本武蔵」は、それが露呈してしまったドラマだったと言えるのでは。

 さらに、主役の宮本武蔵には、お通よりも、もっと多くの???が。

 そもそも「キムタク」って何なのだろう? この世の中で、今、何を期待されている存在なんだろうか? どんな役割を果たすことを望まれているんだろうか? 「宮本武蔵」はそんな意味からも考え込まされるドラマだった。

 誰もが認める超二枚目アイドルの時期は明らかに過ぎ去りました。それでも、役柄を背負い続けて走る男、キムタク。

 たしかにこれまでそうした二枚目俳優は何人かは存在した。でも今のキムタクには、多くの視聴者が、もはや「痛々しさ」まで感じ始めているようです。剣豪にはとても見えないキムタクによって、真木よう子の演技ベタまでがはっきりと浮き彫りにされてしまったとすれば。何という悲劇でしょうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング