食べ物屋をやりたい――そんな夢想をストーリー化したマンガ

NEWSポストセブン / 2014年3月25日 16時0分

【マンガ紹介】
『小僧の寿司』/勝田文/集英社/440円
『HEAVEN?(4)』/佐々木倫子/小学館/730円

 感じのいい食べ物屋さんを1軒やりたい…なんて夢想をしたことがあるかたも多いのでは? 最近このお店の主になりたい、と思ったのは勝田文『小僧の寿し』(集英社)に登場するおでん屋さん(店名「チビのおでん」)。大都市の中に取り残された古い建物。

 7~8人でいっぱいの、カウンターだけのお店です。母からここを受け継いだ女将は、小学生に間違われるほど小柄な世奈ちゃん。〈小さいけどあったかい店 気のいいお客さん 十分すぎる幸せだよ ありがとうお母さん〉。

 まさに身の丈にあった幸せな日々――が、ここからまさかの展開に。世奈ちゃんのおでんを食べた長身イケメンの外国人が実は大企業の御曹司だったのです! さらに紆余曲折あって(だいぶはしょりますが)、会社が倒産した御曹司は、狭いカウンターの中で世奈ちゃんと肩寄せあって、せっせとお店を切り盛りすることになる…というシンデレラストーリー! 王子様込みで、このお店、持たせてください!!

 ほかにも、オーナーになる、という手があります(お金があれば)。佐々木倫子『Heaven?』(小学館)の舞台は、フレンチレストラン。とにかくオーナーはやりたい放題です。そもそも、深夜に酒に合うフランス料理を食べ、長居したい、と自宅近くの空き店舗を衝動買いしたことが発端。満席でも自分の席は譲らない。

 賄いは自分の気分で作らせる。経営コンサルタントからこのメニューは削るべし、と言われてもうなずかない。いわく「だって私の店なんですもの!!」…おっしゃる通りです。

「きわめて例外的だが経営者がだめなために従業員ががんばることがある」とコンサルタントも妙に納得。でも客も従業員も(これまた変人揃いなのですが)彼女を許せてしまうのは、清々しいまでの自分本位さ…よくいえば素直さゆえ。

 先にご紹介した世奈ちゃんも、大変素直で素敵な女性です。一国一城の主として成功するには、料理の腕や経営者としての力量より、人間的な「チャーム」が、最も必要なものかもしれません(それを持つのがいちばん難しい…!)。

(文/門倉紫麻)

※女性セブン2014年4月3日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング