主婦の狙い目の資格は「児童英語教師」「ペットシッター士」

NEWSポストセブン / 2014年3月27日 16時0分

 何か、私も始めてみようかな。消費税アップで家計の足しにもなるし…。春になり、最近とみに多い通信教育のCMや広告を見て、そう思った主婦の方も多いのでは?

「主婦に特に人気なのは、事務系の仕事に有利な簿記や、安定収入が見込める医療系の調剤薬局事務の資格です」と話すのは、資格通信講座を開催するキャリアカレッジジャパンの広報・廣田典孝さん。

 ただし、人気の資格を取れば稼げるかというと、そうとも限らないのが現状だと、キャリアコンサルタントの高村祐規子さんが解説する。

「人気があるということはつまり、その資格を持っている人が多いということ。したがって、“稼ぐ”ことを目的に考えれば、ライバルが多い人気資格よりも資格取得者が比較的少ないものや、社会情勢に合った世間のニーズが増えている資格のほうが職も得やすいのでオススメです」

 例えば、小学校で強化される英語教育に向けて新しくできた「児童英語教師」は、幼児~小学生を対象に、英語を教える能力があることを証明する資格。習得後は、英会話スクールでの勤務や、英会話教材の制作も。なかでも、英語教室の開催がオススメ。

「もともと保育士の資格を持っていたので、資格取得後、英語だけで会話する在宅保育を始めました。子供を預けられるうえに英語も習得できる一石二鳥の場だと好評です」(40才・主婦)

 また、国内のペット数が15才未満の子供の数よりも多くなった現状を踏まえたペット関連の資格は、今が狙いめ。犬や猫などペットの世話を行うだけではなく、健康管理やケアも行える知識を身につけられる「ペットシッター士」という資格もある。

「ペット関連は最も今の時流に乗った資格。ペットの高齢化に伴い、医療介護知識を持つシッターや、マッサージなどのケアができるシッターになると、さらに稼げるでしょう」(高村さん)

 ちなみに、「児童英語教師」の習得に必要な期間は通信教育で4か月、ペットシッター士は通信教育で約6か月だという。

※女性セブン2014年4月10日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング