住宅購入するなら消費税10%になるまでが狙い目と住宅専門家

NEWSポストセブン / 2014年4月14日 16時0分

 消費税が増税となったが、住宅の場合は、むしろ「増税後こそ買い時」といわれる。4月から、「住宅ローン減税制度」が拡大されたからだ。住宅ジャーナリストの山下和之さんが解説する。

「借入残高の1%分が、給与にかかる所得税から最大10年間にわたって免除される制度です。これまで最大で年間20万円までしか減税されなかったのですが、増税後は倍増。年間で最大40万円まで減税を受けられるんです」

 住宅ローン減税によってお得になる金額を試算すると…。

「借入額が3000万~4000万円になる人は、増税後に買ったほうがお得になるケースが多い。例えば、増税前に4000万円の住宅を全額ローンで購入した場合、減税で受けられる額は200万円まででした。しかし、増税後には約357万円の減税になり、約157万円も減税額が多くなる。消費税は建物部分にだけかかるので、4000万円のうち建物分が2000万円とすると、3%アップ分(2000万円×0.03)の約60万円よりも減税額のほうが大きい」(山下さん)

 減税策とあわせて、「買い時」の見極めも重要となる。来年10月には、消費税10%アップも控えている。

「アベノミクスで物価は上昇傾向にあり、中長期でみると住宅価格や住宅ローン金利は今後も上がっていくと見込まれます。また、消費税10%になっても、これ以上の減税制度は実施されない見込み。買える環境にあるなら今買っておくのが得策です。次の増税前に駆け込み需要で値段が上がることを考えると、あと1年以内がチャンスでは」(山下さん)

※女性セブン2014年4月24日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング