小保方氏 非常に冷静で感情の制御能力に長けているとの評価

NEWSポストセブン / 2014年4月17日 16時0分

 4月9日行なわれた小保方晴子・理化学研究所ユニットリーダー(30)の記者会見は日本中の関心を集めた。今回の会見直前には、「心身の状態が不安定である」として小保方氏が入院していたことも明らかになった。

 では会見時の彼女の精神状態は、どうだったのだろうか。精神鑑定のプロにも分析を依頼した。少年犯罪などで数多くの精神鑑定に携わってきた岐阜大学医学部附属病院准教授の高岡健氏がいう。

「精神鑑定では、法廷で自分を防御できるかどうかが重要視されます。混乱して答えが堂々巡りになったり、言葉が途中で中断したり、感情の起伏が激しすぎる場合、裁判では“当事者能力”が不十分と判断される。しかし、今回の小保方さんの会見からは、そうした兆候はまったく見られませんでした。

 また、何度か質問に対し、小保方氏がにこやかな笑みを漏らすシーンがありましたが、あれは追い詰められた環境の中で感情の起伏をコントロールしようという意識から起こったものと見られます。非常に冷静で、感情を制御する能力に長けていることがわかります」

※週刊ポスト2014年4月25日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング