向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた

NEWSポストセブン / 2014年4月24日 5時0分

 向井亜紀(49才)が昨年夏、極秘入院してがん手術を受けていたことが分かった。

「がんの手術を受けることを伝えると、子供たちは大きなショックを受けてしまって…。ですから、手術した事実をメディアに取り上げられ、子供たちをさらに不安にさせたくないという思いから、これまで公表を控えてきたんです」(向井)

 この事実をキャッチしたのは3月下旬のこと。しかしこの1年、司会を務める生放送番組『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)を彼女が休んだこともなく、彼女のブログでも被災地で精力的にボランティア活動を行ったり、ディズニーランドで遊ぶ元気な様子などが綴られていたため、当初はにわかには信じがたい情報だった。

 だが、取材を進めると、昨年8月に最先端のがん治療で知られる都内の病院に入院していたことが判明。その事実を向井にぶつけると、重い口を開き、ゆっくりと自らの病気について語り始めた──。

 1994年に元プロレスラーの高田延彦(52才)と結婚した向井。6年後の2000年9月には第一子の妊娠が判明した。だが、その直後、子宮頸がんが発覚。同年11月に摘出手術を受けた。

 術後の経過が悪かった向井は、その後も手術を繰り返した。2006年には、子宮摘出によって機能を失っていた右腎臓を摘出している。そして今回、大腸に新たながんが見つかったのだった。

「子宮摘出手術を受けてから、毎年検査を受けてきました。昨年6月のPET-CT検査で大腸に異常が見つかり、内視鏡検査で詳しく調べると、S状結腸がんのステージIIだということがわかったんです。これまでに20回近く手術を受けている私のお腹の中には癒着があり、腹腔鏡手術ができない状態だったため、開腹して、18cmほど腸を取り除く手術を受けたんです」(向井)

 医学博士の狭間研至氏は、向井を襲ったがんについて、こう話す。

「S状結腸とは大腸の一部で、便を作り、それがたまる部分に当たります。このがんの発症原因は、肉など動物性脂肪を摂取し、それが長く腸の中に留まり酸化することなどがあげられます。ステージIV(4)まで進行すれば、5年生存率も13.7%という死に直結する病気なんです」

 定期的な検査が奏功し、早期で発見された向井のがん。だが、向井は毎週の生放送レギュラー番組を持っていたため、手術は同番組の生放送がなかった8月中旬に行われた。

「週1の生放送でしたから、番組を休むとスタッフに心配をかけてしまうと思ったので。それまでにも、右の腎臓を取ったり、人工血管を入れたり、お腹を開いて中の状態を整えてきました。ですから今回も、まずは手術をして、もし深刻な病状だったら、番組を休むなり、芸能活動をやめて治療に専念しようと考えていたんです。でもおかげさまで、がんは意外ときれいに取れて、お腹にテーピングをして番組に出演できる状態だったので、そのまま仕事に復帰しました」(向井)

※女性セブン2014年5月8・15日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング