女性の起業 計画づくりや人脈づくりは起業塾への参加を推奨

NEWSポストセブン / 2014年5月2日 16時0分

 日本政策金融公庫によると、女性起業家向けの融資の利用件数は、2012年度3226件で前年より21%も増加。政府の成長戦略にも女性の起業支援が盛り込まれるなど、日本をあげて“女性ならではの視点”が注目されている。

 では、起業するにはどうしたらいいのか? これまでに1000人以上の起業を支援してきたWWBジャパン代表の奥谷京子さんに話を聞いた。

Q:起業の第一歩はどこから?

A:どんな仕事にしていきたいのかを考え、そこから具体的に動いて形にしていくことが起業の原点となります。自分の考えを発信し、同じ思いの人とつながったり、サポートしてくれる人を見つけたりすることで流れができていきます。計画づくりや人脈づくりは、女性向けの起業塾などに参加すると新たな発見がありますよ。(奥谷さん)

Q:夫にどう相談したらよい?

A:成功している人は、反対されてもやる覚悟で起業に臨んでいます。必ず説得できると思い、資料を揃え、精一杯の誠意と本気を見せましょう。大事なのは、起業した後。夫が家事を手伝ってくれなくても不満に思わないこと。おかずが1 品減るなど、あなたが家事を手抜きしても黙ってくれるのも協力のうち。感謝の気持ちを忘れないことが大切です。(奥谷さん)

※女性セブン2014年5月8・15日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング