行列グルメが名物の表参道 イスラエル発のチョコ専門店が人気

NEWSポストセブン / 2014年5月4日 16時0分

 ブランドショップが建ち並ぶ東京・表参道。もうひとつの顔が、「行列グルメ」。

 2010年3月に上陸したハワイの人気パンケーキ店「Eggsn Things」は、今も数時間待ちの大行列。2012年12月にパンケーキ店「Cafe Kaila」が表参道に移転するとこちらも大行列で、オープン1時間で2時間待ち(平日でも!)が当たり前だ。

 パンケーキに続いたのがポップコーン。昨年2月開店の「ギャレット ポップコーン ショップス」は、開店5分ですでに40人ほどが並んでおり、「1時間待ちです!」の声。同年9月オープンのシアトル発ポップコーン「ククルザ ポップコーン」にも、今なお長蛇の列が…。

 そんな表参道にあって、新たな“名物行列”スポットが、イスラエル発のチョコレート専門店「MAX BRENNER」(昨年11月オープン)。平日の午前に行ってみると、開店20分前だというのにすでに20人ほどが行列。11時の開店時には、「1時間~1時間半待ち」に!

 オープン前から並んだ甲斐もあり、記者は11時15分ごろに入店できた。まずは、レジカウンターで注文。一番人気の「チョコレートチャンクピザ」(スライス420円、ハーフ1150円、ホール2150円)をオーダーする。席について5分ほどでお目当てのピザが!!

 もっちりした生地に、ミルク&ホワイトチョコレートチャンクとトーストしたマシュマロがたっぷりのっていて、口に入れた瞬間、濃厚な甘さが広がる。

 思わず笑みがこぼれる、“これぞチョコ”の味。

「日によりますが、比較的、平日の19時以降(平日閉店22時半)はそれほど並びません。また、テイクアウトはカフェよりも早くお渡しできます」(同店スタッフ)

 ピザもテイクアウトOK。

 4月12日には台湾で行列のマンゴースイーツ専門店も原宿にオープン。行列戦国時代を制するのは…!?

※女性セブン2014年5月8・15日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング