『はなまる』長寿の理由 細かい薬丸と大雑把な岡江のバランス

NEWSポストセブン / 2014年5月9日 16時0分

 今年3月に17年半の歴史に終止符を打った『はなまるマーケット』(TBS系)。庄司麻由里さん(52才)は、リポーター役である“はなまるアナ”として第2回の放送から最後まで出演し続けた。

 毎回、様々なテーマについての情報を紹介するはなまるアナだが、担当するテーマが決まるのが2週間前。リポーターの取材は1週間前にスタートする。

「30分の特集時間のうち、VTRは約17分。17分のために4日間、ロケや取材に出かけることも当たり前でした」(庄司さん、以下「」内同)

 放送当日は朝4時半起き。5時半に家を出て、6時にスタジオ入り。そこで打ち合わせやリハーサル、メイクをして8時半から本番。10時(番組開始当初は10時半)、番組の終了後は、30分の反省会へ。

「プロデューサー、ディレクター、司会、リポーターなど、その日の放送にかかわった全員15人ぐらいで行います。この時、薬丸さんはすごく反省されるんですよ。“あの説明でちゃんと視聴者のかたに伝わっただろうか”“ゲストへのあの質問は失礼じゃなかったか”。本当に細かく1つひとつ反省される。

 でも岡江さんは“仕方ないよ、もう言っちゃったんだし”と清々しいぐらいにあっけらかん。薬丸さんの細やかさと、岡江さんのいい意味でのアバウトさ。ふたりのバランスが素晴らしかった。番組が長く続いた要因のひとつに、あのおふたりの組み合わせがあったと思います」

 コーナータイトルにもなった『コレおいしい!』は薬丸の感想から生まれたものだった。

「紹介したレシピの料理を番組内に食べる機会が多くありましたが、薬丸さんはおいしくない時は絶対にほめない。ところが本当においしい時は“コレ、おいしい!”とつぶやくんです。視聴者のかたもわかっていて、薬丸さんのそのひと言が出た瞬間、“今のレシピ教えて!”と電話がジャンジャンかかってくる。

 はなまるで飛び出す本音は、視聴者のかたがたとダイレクトにつながっていて、いつも真剣勝負の番組でした。17年半を全うできて我ながらよくやったと思います。私の人生の自慢、誇りです」

※女性セブン2014年5月22日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング