「はなまるアナ」庄司麻由里さん あがらずに話す秘訣とは

NEWSポストセブン / 2014年5月14日 7時1分

 今年3月に終了した『はなまるマーケット』に“はなまるアナ“として17年半番組に出演した庄司麻由里さん(52才)が、『はなまる』のなかで学んだ会話術を伝授。話すときに緊張してしまう場合はどうすればいいのか?

「よく、緊張しないで話すコツを教えてと言われるんですが、人前で話す時は、緊張して当たり前なんです。生放送をずっと続けてきた私だって、毎回頭の先からつま先までビリビリに緊張しています。ただ、緊張と、あがって何もわからなくなってしまうのは別。あがらない秘訣は、うなずく人を見つけて、その人に話をするようにすることですね」

 彼女にそれを教えてくれたのは、草野仁(70才)だった。

「私が初めてレギュラーでリポーターを務めた『朝のホットライン』(TBS系)のオーディションは、講堂みたいな階段教室で50人くらいスタッフが集まって行われたんですが、その威圧する空気に私、あがってしまったんです。でも、そこで最前列にいらした草野さんが、私の話すことに大きくうなずいてくださった。“あぁ、草野さんには通じてる! 草野さんにお話ししよう”と、安心して話すことができたんです。

 PTAや冠婚葬祭など人前でスピーチしなければならない時、まずうなずく人を探しましょう。事前に夫やママ友など誰かにうなずいてもらうようお願いしておくのもいいです。その人に向けて話すようにすれば、あがるのも最小限に抑えられるはずです」

※女性セブン2014年5月22日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング