東大野球部「敗戦後の悔しがり方が足りない」と専門紙編集長

NEWSポストセブン / 2014年5月11日 7時0分

 東京大学野球部の苦闘が続いている。5月10日の立教大学戦で73連敗というリーグワースト記録を更新してしまった。この3年半、選手はリーグ戦で一度も勝てていない。なぜ東大野球部は弱いのか、どうすれば勝てるのか。1992年秋から発行されている東京六大学野球を応援するフリーペーパー「YELL」の編集長・岡田淳子さんに、東大野球部再生の途を聞いた。(聞き手=フリーライター・神田憲行)

 * * *
--まず東大野球部がこれだけ敗戦を重ねている理由はなんだと思いますか。

岡田:連敗前と比べ得点力(打力だけでなく)と失点を防ぐ力が落ちていると思います。特にこの1、2年の打力不足は深刻です。全体的に小粒というか、技術はあっても小さくまとまっているというか。そして伸び悩み、場合によっては劣化してしまうというケースが多い。

 また以前より選手が故障しやすくなっている気はしますね。惜しい試合をして、次こそ、と期待が膨らんだ時に主力が離脱してしまい、ガタガタっとなってしまうというケースもよく見ました。

--岡田さんは今よりは強い東大野球部をご存じだと思います。そのときと今となにがいちばん違いますか。

岡田:私が見て来た平成以降と比べますと、以前は4年間壊れないエースがいたことが大きいと思います。高橋崇展(92~95、通算7勝)、遠藤良平(96~99、通算8勝)という大エースがいて、エースが全体のレベルを引き上げていました。この二人が在籍した8年で東大は27勝しています。最近はいいピッチャーがいても、勝てないうちに酷使され壊れてしまうということが多く、残念だし見ていてつらいです。

 よく六大学の他の学校のレベルが高くなったと説明されますが、昭和の赤門旋風のときも他の大学は決して弱くなかったと聞きます。最近は確かに5大学全体のレベルが平均的に上がっていて穴がないとは言えますが、高いレベルのチームにも勝つことはできていたのです。

--東大野球部が勝つために、どうすればいいと思いますか。

岡田:東大の選手は試合後、以前はバスで一緒に帰っていましたが、今は着替えてそれぞれに帰っています。シャワーを浴びたり着替えたりしてリセットしてしまうのかもしれません。ですが敗戦後、出てきて球場外で家族と和んでいる姿を見ると、ちょっとなあ……、と思ってしまう。東大に限らず最近の子は切り替えが早い。それが悪いとは言わないのですが、こう勝てないと、ユニフォーム姿のまま悔しさも詰め込んでみんなでバスに乗って帰ったほうがいいのでは、とも思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング