中国軍制服組トップは田母神氏に日本軍批判の筋金入り反日男

NEWSポストセブン / 2014年5月16日 16時0分

 隣国の対日戦略を理解する上で、鍵となる人物を知ることは不可欠だろう。国際教養大学教授でチャイナウォッチャーとして知られるウィリー・ラム氏が指摘する。

* * *
「私の叔父は戦時中に日本に強制連行され、炭鉱で奴隷のように死んだのです」

 ヘーゲル米国防長官が4月上旬、北京で会談した範長龍・中央軍事委員会副主席の口から飛び出した言葉だ。

 範氏といえば中国人民解放軍の制服組トップで、習近平・国家主席(中央軍事委主席)に次ぐ軍内ナンバー2。その範氏が日本の犠牲となった親族を持つことは知られていなかった事実だ。

 範氏は終戦の2年後の1947年5月生まれで、日中戦争は知らない。しかし、範氏が生まれた中国東北部の遼寧省丹東市は旧満州国の施政下にあった場所で、範氏の父母や親戚が旧日本軍と関係し、苦難を経験したとしてもおかしくはない。

 少年時代、父母や親戚からそのような話を聞かされていれば、自然に反日感情が植え付けられたに違いない。

 田母神俊雄・元航空幕僚長によると、同氏が2004年6月に統幕学校研修団長として北京を訪問した際、総参謀長助理(補佐)だった範氏と30分ほど会談。範氏は冒頭から10分間も滔々と日本軍の残虐行為への批判を続けた。制止しなければ止まらないほどの勢いだったという。まさに筋金入りの反日の闘士だ。

 見方を変えると、習主席が範氏を軍ナンバー2に抜擢したのはそのためとも考えられる。なぜならば、範氏が中央軍事委中枢で勤務した経験は2003年から1年間、総参謀長助理の期間だけだからだ。それ以外は入隊してから30年以上も東北部の瀋陽軍区にある陸軍第16集団軍勤務で、2012年に軍事委副主席に就任するまでの8年間は済南軍区の司令官を務めた。軍歴のほとんどは地方部隊勤務という幹部が軍ナンバー2に昇進した例はこれまでにない。

 地方勤務が長かった経歴は習氏も同じで、習氏は範氏を信頼しているのだろう。

 範氏は習氏の期待に沿うように、ヘーゲル長官との会談で対米批判を展開した。さらに、長官が訪中前に日本で「尖閣諸島は日米共同で防衛する」と明言し、日本の集団的自衛権行使に賛同したことについて、「あなたは強硬であり、(反中的な)態度もはっきりとしていた。私も含めて、中国国民はあなたに非常に不満である」と強い調子で詰問したのである。

■翻訳・構成 相馬勝(ジャーナリスト)

※SAPIO2014年6月号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング