叙勲受章台湾人男性の「日本という国を愛して」に日本人が感動

NEWSポストセブン / 2014年5月15日 11時0分

 4月29日、春の叙勲が発表され、4104人の日本人受章者とともに外国籍55人の受章が決定した。その中に「蔡焜燦(さい・こんさん)」の名前があったことに、日台両国で大きな歓声が沸き起こった。台北市にある蔡氏の自宅には多くの花や祝電が届き、お祝いを伝える関係者がひっきりなしに訪れている。

 旭日双光章に輝いた蔡焜燦氏は、「まだ伝達を受けていないので、喜びのコメントは正式に受章してからにしたい」と穏やかに語るが、自宅に殺到する祝電や贈花は、蔡氏の叙勲を我が事のように喜ぶ人が日台に数多くいることを物語る。

 自らを親日家ならぬ「愛日家」と称する蔡氏は、現在87歳。日本の短歌を愛好する「台湾歌壇」の代表として日本文化を広く紹介してきた功績が評価され、今回の叙勲となった。

 それ以上に蔡氏の「愛日家」を象徴するエピソードは、作家・司馬遼太郎との交流である。蔡氏が日本で知られるようになったきっかけは、司馬が手がけた『台湾紀行』(『街道をゆく』シリーズの第40巻)だった。同作品の取材のために台湾を訪れた司馬の案内役を務めたのが蔡氏であり、作中に蔡氏は「老台北(ラオタイペイ)」として登場する。

 司馬と「老台北」の、軽快で知的な掛け合いは多くの読者を魅了した。蔡氏の著書『台湾人と日本精神』(小学館文庫)では、台湾を訪れた司馬に、日本では珍しいヘチマ料理を振る舞った時のやりとりが記されている。

 司馬が「痰一斗(たんいっと)」と詠むと、蔡氏はすかさず「ヘチマの水も間に合わず」と返す。続いて司馬の「ヘチマ咲いて」には、「痰のつまりし仏かな」。そして「おとといの」には、「ヘチマの水も取らざりき」──。

 いずれもヘチマを題材にした正岡子規の俳句だが、司馬に同行していた新聞記者は、蔡氏の日本文化に対する造詣の深さに舌を巻いた。司馬はそんな「老台北」を見て、台湾の“日本語族”が、同じ歴史を共有する“日本人”であることを実感し、蔡氏を「博覧強記の人」「日本語の語感が確かな人」と評している。

 蔡氏は台湾が日本統治時代だった1927年、台湾中部の清水で生まれる。地元の高校を卒業後、奈良にあった陸軍航空隊整備学校に志願入隊し、終戦を迎える18歳までを「日本人」として過ごした。終戦後は台湾に戻って体育教師を務めた後に実業家に転身。台湾随一の半導体デザイン会社・ウェルトレンド社の董事長(会長)などを務めた。

 そんな蔡氏はビジネスの一線を退いた今も、日台の人的交流に全力を注いでいる。訪台する日本人の政治家や学者、ジャーナリストから大学生まで、彼らに台湾を案内し、日本と台湾の歴史について意見交換する。また、夜には台湾料理を振る舞いながら、日台の将来について語り合う。そんな時、「老台北」は決まってこう語りかける。

「皆さんは私に一宿一飯の義理ができましたね(笑い)。その借りを返してもらえるのなら、日本という国を愛してください。それが私へのお返しです。日本という国は、皆さんのものだけではなく、私のような“元日本人”のものでもあるのです。日本人よ、胸を張りなさい」

 蔡氏のこの言葉に感動して涙する若者は少なくない。また、日本がこれほどまでに外国人から愛されていることに驚きを覚える者も多い。蔡氏はそうした日本への思いを綴った『台湾人と日本精神』を2001年に上梓し、同書は現在まで13刷を重ね、累計8万部を超えるロングセラーとなっている。

■レポート/井上和彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2014年5月23日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング