東大の地下に人工心臓埋め込んだ「アンドロイドヤギ」がいた

NEWSポストセブン / 2014年5月26日 7時0分

写真

人工心臓を埋め込んだ「アンドロイドヤギ」

 日本の「地下ブーム」の火付け役となり写真界に新たなジャンルを打ち立てた写真家・内山英明氏が、4月14日に逝去した。

 内山氏は20年にわたり日本の地下世界を撮り続け、「地下は今や文明の中核をなし、未来を暗示予兆する巨大な装置である」と、その魅力を解説した。

 ここで紹介するのは、写真集『JAPAN UNDERGROUND III』にも掲載されている、人工心臓を埋め込んだ「アンドロイドヤギ」。東京大学人工心臓実験室(東京都・文京区)では、装着した計測器で人工心臓の動きをモニタリングする実験が行なわれている。

 現代社会の足下深く広がる迷宮に魅せられた写真家が遺した「未来」がここにはある。

◆内山英明(うちやま・ひであき):1949年静岡県菊川市生まれ。東京総合写真専門学校中退。1993年より日本の地下世界を撮り続け、2006年に写真集『JAPAN UNDERGROUND III』『東京デーモン』で土門拳賞を受賞。2014年4月14日、脳出血により逝去。主な写真集は、『JAPAN UNDERGROUND』シリーズ、『東京エデン』など。

※週刊ポスト2014年5月30日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング