テレ朝日本代表中継は勝率高い 松木安太郎氏解説も縁起が良い

NEWSポストセブン / 2014年5月28日 7時0分

 6月13日に開幕するサッカーW杯ブラジル大会。日本はグループC組で、コートジボワール、ギリシャ、コロンビアと対戦する。地上波中継局は、15日(日曜)10時開始(日本時間、以下同)のコートジボワール戦はNHK、20日(金曜)7時開始のギリシャ戦は日本テレビ、25日(水曜)5時開始のコロンビア戦はテレビ朝日となっている。

 どの試合も注目されるが、なかでも3試合目はグループリーグ突破のかかる一戦となる確率が高く、早朝にもかかわらず、お茶の間もヒートアップしそうだ。あるスポーツライターはこう話す。

「しかも、解説が松木安太郎さんですからねえ。早朝で眠たい目をこすりながら見ることになるでしょうけども、松木さんが『行け!』『危ない!』『ハンドだ!』『入ってない! 入ってない! 絶対入ってない!』『ふざけたロスタイムですねぇ~!』といつもの調子で興奮してくれれば、一気に眠気は覚めるはずです」

 4月の「2014FIFAワールドカップブラジル応援バナー除幕式」で、テレビ朝日の早河洋社長は松木氏について、「誰もが知っている名調子。心強い12人目の選手だと思っている。でも、そんなに細かなことは言っていないですね」と世間の心情を代弁。すると、松木氏は、「僕は一生懸命応援したい。解説はセルジオ(越後)さんをはじめ、ゴンちゃん(中山雅史)や名波(浩)君がいるから」と、解説者にもかかわらず、応援団としての役割をしっかりアピールし、会場を笑わせた。

 テレビ朝日は、W杯4大会連続で日本代表の中継権を獲得。過去の戦績は、2002年日韓大会のチュニジア戦が2-0で勝利、2006年ドイツ大会のクロアチア戦は0-0で引き分け、2010年南アフリカ大会のオランダ戦は0-1で敗戦。1勝1分け1敗という数字が残っている。

 だが、ザックジャパンにとっては、心強いデータも存在する。昨年、国際試合8勝8敗3分で勝率5割の日本代表だが、テレビ朝日が中継すると3勝1敗2分と好調なのだ。以下、民放各局中継時の戦績を見てみよう。

日本テレビ:1勝3敗
テレビ朝日:3勝1敗2分
TBS:0勝1敗
フジテレビ:3勝3敗1分
中継なし:1勝0敗
通算:8勝8敗3分

 もちろん、代表の戦績は対戦相手によるところも大きいが、テレビ朝日の中継時に格下ばかりと対戦しているわけではない。11月には、オランダ、ベルギーという強豪相手に、2-2の引き分け、3-2で勝利と見事な戦いぶりを見せた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング