高須院長、タニマチのジレンマを告白「懸賞金出すと負ける」

NEWSポストセブン / 2014年5月26日 7時0分

写真

高須院長はタニマチとしてのジレンマを告白

 高須クリニックの高須克弥院長が、様々な出来事に自由な意見をぶつけるシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回のテーマは大相撲。砂かぶりで観戦する姿がテレビの相撲中継に映り込むことも多い高須院長は、今の相撲界をどう見ている?

 * * *
──さて、五月場所も白鵬の優勝で終わり、なかなか盛り上がりました。今場所から鶴竜関が横綱になって、3人外国人横綱となりました。これは史上初のことだそうですね。

高須:相撲はやっぱりハングリーなスポーツだから、日本で一旗揚げたいって思う外国人がのし上がっていくのは当然のことなんだよ。日本の子供たちなんて、もう全然相撲なんかやってないでしょ。「俺には相撲しかないんだ。相撲で金持ちになるんだ!」って考える日本の子供なんて、全然いないもん。なかなか強い日本人力士が出てこないのも仕方ないよ。

──そういう意味ではモンゴル人力士はハングリー精神が強い、ということですね。

高須:そう。それと相撲って、一瞬のガチンコのぶつかり合いで決まることが多いから、とにかく体への負担が大きいんだよね。だから、なかには体をかばって相撲をとる力士もいる。でも、モンゴル人力士は体が壊れることなんて気にしないで、思いきりぶつかっていくんだよ。だから強い。

──日本も裕福になっちゃって、なかなかいい力士が出てこなくなった、ということですかね。

高須:昔は親方が日本中にスカウトに行ってたけど、今はなかなか難しいらしいしね。「この子は力士に向いているよ」って推薦してくるのは、ただのデブしかいないんだって(笑い)。親方が求めているのは、足腰が強くて運動神経がいい子供なのに、相撲部屋が“デブの捨て所”にされちゃう(笑い)。相撲以外のスポーツもたくさんあるし、仕方ないのかもしれないけどね。

──そんななか、日本人力士のなかで期待が寄せられているのが遠藤関ですが、院長はどう見ていますか?

高須:大学出の力士で横綱まで行ったのは輪島だけでしょ。そう考えると遠藤はあまり出世しないのかもね。やっぱりハングリー精神が足りないっていうか。頭がいい力士はダメなんじゃないの? 輪島はそんなに頭がいいイメージじゃなかったもんね(笑い)。

──高須院長は勢関のタニマチをやられていますよね。

高須:勢もいいよ。ゴルフもうまくて歌もうまい。遊び人力士だけどね(笑い)。五月場所は調子が良かったし、遠藤にだって負けてないよ。勢にはもっと頑張ってほしいんだけど、懸賞金は出したくないんだよねえ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング