AKB襲撃でファン 「怖い思いしながらの握手させたくない」

NEWSポストセブン / 2014年5月30日 7時0分

 5月25日、岩手県滝沢市で行われていたAKB48の握手会で、メンバーの川栄李奈(19才)と入山杏奈(18才)が、刃渡り20cmの折りたたみ式のこぎりを持った男に突如襲われた。2人はそれぞれ手の指を裂傷、骨折し、さらに頭部にも裂傷という大けがを負った。ファンの1人が、そのときの様子をこう語る。

「血だらけの川栄さんが“助けて”とテントから出てきて、その後、入山さんも右手から血を流しながら、転ぶようにテントから出てきました。入山さんはその場で動けずにガタガタと震えていました」

 殺人未遂で逮捕された梅田悟容疑者(24才)は、前日24日に「散歩に出かける」と言って青森県十和田市の自宅を出てから、行方がわからなくなっていた。次に姿を現したのが、隣の岩手県で行われていたAKB48の握手会の会場だったが、母親によると、「AKB48のファンではなかった」という。

 当日、岩手の会場には約100人の警備員やスタッフがおり、握手をしている各メンバーのそばでは“はがし”と呼ばれる、長時間握手をしたりマナーを守らないファンに対応するスタッフも目を光らせていた。元警察官で結成された警備部隊もおり、万全の態勢が敷かれていたようにも思えるが、なぜ事件は起きてしまったのか。アイドル総合情報サイト『スクランブルエッグ』の岡田隆志編集長はこう話す。

「東京や大阪、名古屋など、大都市で行われるイベントでは、手荷物の検査などをかなり厳しくしているようですが、この日は握手の直前に、手のひらを確認しただけだったようです」

 これまでにもメンバーを驚かせようとしたり、心ない言葉をかける人間がいたことはあったが、今回の梅田容疑者のように、凶器をジャンパーの下に隠し持つといった巧妙な手口で、メンバーに襲いかかった場合、現実問題、どこまで対処できるのか。

「徹底的にやるなら、飛行機に乗るときのようなボディーチェック、金属探知機での検査が必要になると思います」(前出・岡田編集長)

 さらに今回の一件は、特定のメンバーを狙ったものではなく、「誰でもよかった」「殺すつもりだった」と供述していることもあり、メンバーが受けたショックも計り知れない。不特定多数のファンと触れ合うことのできる握手会やハイタッチ会が、PTSD(心的外傷後ストレス障害)のきっかけとなったり、メンバーの心に深い傷跡を残す場になりかねない。

「これはテロ行為に等しいと思います。たった一人の犯行で、これまで築いたメンバーとファンとの信頼関係が崩れ去った。握手会がなくなってしまうのも悲しいけど、怖がりながら握手をされても楽しい時間とは思えないし、そんな思いを彼女たちには絶対させたくない」(別のファン)

※女性セブン2014年6月12日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング