ショッピングをレジャー代わりにする家はお金が貯まらない

NEWSポストセブン / 2014年5月30日 11時0分

 1家族が1日に使うお金の平均は、平日の5200円に対し、土曜日は6300円、日曜日は6100円(総務省「全国消費実態調査」)。週末は平日より2割ほど多くお金を使う傾向にある。家計の明暗を分けるのもまさにここ。全国100人の既婚女性に5月下旬、“週末の過ごし方”についてアンケートをとってみると、貯金100万円未満の家庭と、貯金100万円以上の家庭とでは、消費行動に大きな差があったという。

 貯まる家庭も貯まらない家庭も、実は週末に外出する頻度や行き先に大きな差はない。アンケートによると、貯金額によらず、約6割が「ほぼ毎週」または「2週間に1度」週末に出かけ、8割強は「大型ショッピングモールなどの商業施設」を訪れていることがわかった。

 だが、細かく取材すると、その滞在時間や支出の内容には違いがある。

“なぜか貯まらない一家”代表の主婦・牧村直子さん(仮名・神奈川県在住・34才)は、年収600万円ながら貯金額は50万円前後をいったりきたり。週末の買い出しはつい緩みがちになるという。

「夫が運転する車で朝から大きめのスーパーをはしごして、昼からはホームセンターに。雑貨店や100円ショップ、趣味の園芸コーナーなどにも立ち寄って、物色してしまいます」(牧村さん)

 特にお目当ての品があるわけではないが、セール品を見つけるとつい手が伸びてしまう。「予定外の買い物で、週1000~2000円は余計に出費しているかも」(牧村さん)

 節約アドバイザーの丸山晴美さんは、大型ショッピングモールでの買い物にこう注意を促す。

「ありがちなのが、ショッピングをレジャー代わりにするパターン。必要な買い物だけで済めばいいのですが、子供は娯楽施設を見れば遊びたがるし、大型で広いと歩くのに疲れ、フードコートで休憩するなど、余計な出費が膨らみます」(丸山さん)

 さらに、夫が一緒だと荷物を気にせず買い物できるからと、必要以上に買ってしまう傾向も。

 一方、貯金が500万以上ある“貯まる一家代表”の主婦・金子まゆみさん(仮名・京都府在住・30才)は、週末の買い物の仕方が全く異なる。

「まず事前にチラシを読んで、1週間分の献立をイメトレ。特売品と必要な食材以外は買いません。必ず無料で遊べる子供の広場が併設されているところに行き、そこで夫に子供を見てもらっている間に私が買い物。寄り道せず帰る、というパターンが多いです」(金子さん)

※女性セブン2014年6月12日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング