遠藤保仁 コートジボワールは「正直とんでもないヤツら」

NEWSポストセブン / 2014年6月3日 7時0分

遠藤:やってないです。周りの選手は体にいいものを取りいれたりする努力をしていますが、僕は無頓着ですから(笑い)。マッサージも好きじゃなくて、年に1~2回しか受けない。これまで一度も大ケガがなかったのも大きいと思いますけど。

釜本:異常な体だな(笑い)。国際Aマッチ最多出場記録を持っているのも、その体があってこそだね。ブラジルの気候でも問題なさそうだ。

遠藤:はい、昨年のコンフェデ杯で本番と近い環境でプレーした時は少し暑いとは思いましたが、サッカーをするには問題ありませんでした。南米特有のスコールも大歓迎ですね。芝が濡れてボールが滑るほうが球足が速くなるので、パスにも相手DFが寄せづらくなる。パスでつなぐ日本の戦い方には有利です。

 ただ今大会は移動がかなり厳しくなりそうなので、注意は必要かもしれません。中3日と中4日の日程で、どのスタジアムに行くにも飛行機で3~4時間はかかる。特に初戦は夜10時にキックオフなので、その後の移動を考えるとホテルに入れるのは夜中の3時頃になる。神経質な選手は大変でしょうね。あ、僕は大丈夫ですけど(笑い)。

●遠藤保仁(えんどう・やすひと):1980年、鹿児島県出身。鹿児島実業高校卒業後、1998年にプロデビュー。現在はガンバ大阪に所属。2002年、日本代表(A代表)初出場、2014年5月26日現在で141試合出場(最多記録)。

●釜本邦茂(かまもと・くにしげ):1944年、京都府出身。1964年に日本代表初出場。1968年メキシコ五輪では7得点を挙げて得点王に輝き、銅メダルに貢献。日本代表男子、最高得点記録保持者(75得点)。

※週刊ポスト2014年6月13日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング