1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

【ドル円週間見通し】新成長戦略への期待感で下げ渋る展開も

NEWSポストセブン / 2014年6月8日 16時1分

○(米)5月小売売上高- 12日(木)午後9時30分発表
・予想は、+0.5%
 参考となる4月実績は、前月比+0.1%で市場予想を下回っていた。自動車などを除くコアベースの売上高は-0.1%。4月中の個人消費はやや停滞していた。ただし、3月実績は上方修正されており、5月の小売売上高は増加する可能性があり、市場予想は妥当か。

○(米)5月生産者物価コア指数 13日(金)午後9時30分発表
・予想は、前年比+2.3%
 参考となる4月実績は前年比+1.9%のやや高い伸びとなった。ただし、商業サービスの伸びがやや抑制されていた。5月については、エネルギー価格に大きな変動がないことから、大幅な上昇は期待できないとの見方があり、物価上昇率は市場予想をやや下回る可能性がある。

○(米)6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報- 13日(金)午後10時55分発表
・予想は、83.0
 参考となる5月確報値は81.9で速報値の84.1や市場予想を下回った。所得増加への期待は後退していることが影響したようだ。雇用環境は穏やかに改善しているが、賃金上昇期待は高まっていないことから、6月速報値は市場予想を下回る可能性があ。

 主な発表予定は、9日(月):(日)1-3月期国内総生産改定値、10日(火):(米)4月卸売在庫、11日(水):(日)5月国内企業物価指数、12日(木):(日)4月機械受注、13日(金):(日)日銀金融政策決定会合の結果判明

【予想レンジ】
・ドル・円:100円00銭-105円00銭

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング