日本代表決戦の地でも工事続行中 施設完成に真顔で驚く人も

NEWSポストセブン / 2014年6月15日 16時0分

写真

ギリシャ戦が行われるナタールのスタジアム

 史上最強の日本代表、の命運はまだわからない。とにもかくにも、歴史を見届けるべく決戦の地に飛んだスポーツライター・竹田聡一郎氏が現地からレポートする。

 * * *
 ネイマールの2ゴールとブラジルの勝利で幕開けし祭典が始まった、気がするのだが、ブラジル国内は依然としてスタジアム、周辺インフラ、ホテルなど、全土で絶賛工事中である。

 日本代表の次戦の地ナタールも、 スタジアム「アレナ・ダス・ドゥナス」こそ完成しているが、周辺道路、特にスタジアムの西側や北側は工事現場そのものであって、6月に入ってもダンプが右往左往していた。そしてすぐ脇で大勢の青やオレンジのつなぎを着た作業員が日陰で寝てたり、アイスを食べたりしていた。

「これ、試合までに終わるの?」
「さあ。俺には分かんないよ。だって暑いし」

 それでもカメラを向けると嫌な顔ひとつしないでポーズを決めてくれるのがブラジル人。なんだ、何に載るんだとか心配しないでいいから仕事しろ。

 さらにナタールは、元々4月に開港予定だったサンゴンサーロ・ド・アマランテ新空港が5月末日に駆け込み稼働を始めた。が、それは文字どおり発着を始めただけであって、空港に向かう道や周辺は荒れ地と形容しても誰も怒らないくらい手つかずの状態だ。一説にはジルマ・ルセフ大統領が「空港がワールドカップに間に合うことを保証します」と宣言したので、その影響で無理くり開港したのでは、とも。

 空港設備などはまだ半分未満の使用状況で、様々な場所で工事は続けられているのだが、ここでもブラジル人は適度にサボっていた。「とりあえずヒコーキは飛んでるんだから、設備なんてゆっくり作ればいいだろ」という態度がミエミエである。使用空港変更で時間がスライドされた便も少なくないので、ナタール発着のあるサポーターは今一度、eチケットの確認をオススメする。

 第3戦の地クイアバは、スタジアム「アレナ・パンタナル」の建設の遅れが12会場でもワーストに近い状態だったが、5月に入り建設にさらなる資金を追加し、なんとか間に合ったという発表があったばかり。

 実際、本当にギリギリだったようでセントロのホテルの従業員に開幕2日前のスタジアム写真を見せると「すげえな、できたのか!」と真顔で驚いていたから諦めていた人も少なくなかったのではないか。

「これでクイアバはエブリシングOKだよ」とそのホテルマンは喜んでいたが、そんなことはない。空港から街への足が未整備だ。総予算15億レアル(1レアルは6月15日現在46円)、全長22キロのVLT(Veiculo Leve sobre Trilhos/都市型旅客鉄道)のワールドカップまでの建設が間に合わなかった。これによってサポーターの市内への足はタクシーか、旅慣れていないとなかなか使えないローカルバスとなる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング