お尻がコンプレックスだった秋山莉奈 編集者の助言が転機に

NEWSポストセブン / 2014年6月25日 7時0分

 豊満なお尻を強調したポーズで人気となり、“オシリーナ”の愛称で親しまれているグラビアアイドル・秋山莉奈(28才)。

 華奢な上半身とは対照的なお尻は88cm。キュッとくびれたウエストが、丸いお尻をセクシーに際立たせる。今でこそ、白パンをカーヴィーなラインで着こなす彼女だが、かつてはそのお尻がコンプレックスだったという。

「中学生の頃、デニムのパンツをはいていたら同級生から“お尻が目立つね”と言われ…。それ以来、大きなお尻がずっと嫌でした。パンツをはくとお尻が強調されて、下半身がどっしり太く見える気がして、洋服もお尻を隠すワンピースばかりでしたね」(秋山、以下「」内同じ)

 10代後半でグラビアの世界に飛び込んだ当時は、熊田曜子やほしのあきを筆頭に、グラマーなバストが大ブームの時代。自分には大きな胸に太刀打ちできるようなアピールポイントがないと、悩んでいたという。

「ある編集のかたに、“君のチャームポイントは大きなお尻だよ”と言われました。低い所からお尻にグッとカメラを寄せて、振り返ったポーズで撮影。そのとき初めて、“私のお尻ってこんな形なんだ、これでいいんだ”って思えました」

 この写真の反響は大きく、ヒップを強調した“振り向きポーズ”は秋山の代名詞になった。

「ずっとコンプレックスだったお尻が、私の人生を変えてくれたんです」

 大きなお尻は、彼女が、そして多くの女性が思っているようなウイークポイントではなかったのだ。お尻から目をそらさず、日々ケアし始めた彼女のお尻は美しくなっていった。

「撮られるのは顔よりもお尻(笑い)。だから、お尻は毎日チェックして、化粧水とクリームもつけています。少したるんだなと感じたら、いつもより長く歩いたり、かかとを上げて歯磨きをしたり、日常生活の中でケア。憧れはアンジェリーナ・ジョリーのようなキュッと上がった小尻ですが、最近はボリュームのある丸みを帯びたお尻も女性らしくて素敵だなって思います」

※女性セブン2014年7月3日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング