日本人の25%が!『モーニングバード』で注目の「噛み続け癖」

NEWSポストセブン / 2014年6月23日 11時0分

写真

インビザライン体験を語る美人受付嬢の大内志保さん

 6月23日放送の『モーニングバード』(テレビ朝日系)で取り上げられ、注目されている「歯列接触癖(TCH)」。つまり噛み続け癖がある人のことで、有病率は日本人の4人に1人といわれるが、TCHのある人は“おならが出やすい”との説もある。

 というのは、通常は1日のうち上下の歯が接触する時間が平均で計17分なのに対し、TCHを持つ人は接触時間が長く、歯が接触すると唾液が出るため、長時間唾液を出し続けていることで飲み込む頻度も増える。この時に空気も一緒に飲んでしまうため、膨満感とともにおならやゲップも出やすいといわれているのだ。

 しかし、おなら以上に問題なのは、歯が接触する、つまり食いしばることによって口筋をいつのまにか鍛えてしまい、顎関節症や肩こり、不眠の原因にもなっている可能性があるということ。

 咬耗(歯が削れている)、舌の側面に歯が当たってギザギザした跡がついている、歯並びが悪い…などの人はTCHの可能性があるので要注意。

 このTCHを改善するにはどうしたらいいのだろうか? 同番組でTCHについて解説している「虎ノ門ヒルズ トルナーレ歯科・矯正歯科 龍醫院」の龍信之助理事長に聞いた。

「TCHの原因はいろいろありますが、日本人は海外の人に比べて口を動かさないことがまずひとつ。表情が乏しく口を開く機会が少ないため、頬を緩ませられず、噛む筋肉ばかりを鍛えてしまいます。

 また、人はストレスを感じると交感神経が働きます。例えば、患者さんに“麻酔の注射をしますよ”というと、ストレスがかかって身体にぐっと力が入ります。緊張して身体が収縮するのと同じことがあごの筋肉にも起きていて、それが肩こりの原因にもなります。ですので、それを解消するには、ぼくは“あごトレ”と名付けましたが、あご周りの筋肉の緊張を緩めるエクササイズをしたり、歯並びの悪さによる食いしばりを解消するために、歯並びを整えることが重要なのです」(龍理事長)

「トルナーレ歯科・矯正歯科」で、“透明で見えない歯科矯正”インビザラインの治療を受けた受付嬢の大内志保さんは、1年半の治療を終えてこう語る。

「矯正に通うまで、食いしばりが身体に影響があると気づきませんでしたが、以前は整体やマッサージに行くと必ず言われていた、肩や首の凝りを指摘されなくなりました。肩こりが解消されたほかにも、ダイエットをしていないのに顔が細くすっきりしたと言われるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング