田中みな実のフリー宣言 夏目抜擢で地位向上できないからか

NEWSポストセブン / 2014年7月7日 16時0分

 TBSのエース・田中みな実アナ(27)が9月いっぱいで退社し、フリーになると発表した。ぶりっ子キャラとして名を上げ、週刊文春の「嫌いな女子アナ」ランキングでは不名誉な1位に輝く田中アナだけに、フリー転身についても散々ないわれようだ。

 週刊誌、夕刊紙では「お局的存在の長峰由紀アナ(51)に睨まれて飛び出した」「先輩の出水麻衣アナ(30)やライバルの江藤愛アナ(28)とも仲が悪くて四面楚歌だった」といった説まで飛び出した。

 しかし、これらの見立てはどうやら短絡的過ぎるようだ。TBS社員がいう。

「田中アナはかなりの戦略家。一時の感情で自分の将来を決めたりしませんよ。バラエティ番組のスタッフからはスタジオでの仕切りを絶賛されていたし、タレントからも“アイツは自分の立ち位置をわかって汚れ役に徹している”と評価が高かった。

 アナウンス能力も及第点ですし、局を追い出されるような失点は見当たらない。今回の退社は間違いなく計画的なものです。彼女は昨年頃からいくつかの大手芸能プロ幹部と食事をするなど“就活”していましたからね」

 では、なぜこのタイミングだったのか。交際中のオリエンタルラジオ・藤森慎吾との結婚に向けての布石とも噂されたが、本人は「結婚の予定はない」と否定している。TBSのバラエティ番組スタッフはいう。

「局内ではある説が流れている。3月からの朝番組『あさチャン!』にフリーの夏目三久アナ(29)が抜擢されたこと。

 本来なら、エースの田中アナがついてもおかしくないポストなのに、外部のフリーアナが高額ギャラで迎えられたことで、田中アナは“もう社内にいてもキャリアアップできない”と感じたのではないかといわれています。

 確かに、局内で夏目アナの名前が話題に出るたび、彼女は寂しそうな顔をしていましたからね」

※週刊ポスト2014年7月18日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング