親バカ女医 すねかじりの40才息子はパチンコ店では“王子”

NEWSポストセブン / 2014年7月15日 7時0分

 35才パート主婦が近所のおばあちゃん先生の自慢体験談を告白する。

 * * *
 幼い子を持つ親って、ほかの子より歩くのが遅かったり、しゃべるのが遅かったりするだけで不安になるんですよ。

 それなのに近所の小児科のおばあちゃん先生は、「あら、この年ならもうスキップできるわよ。うちの子はやってたわね~」とか「まだしゃべらないの? うちの子は同じ年のころは歌を歌ってたわ」なんて、さらりと自慢。

 オムツが外れたのも、文字の読み書きも、とにかく何でも早くて優秀だったと、ご自慢の息子も今や40才。

 診察室に顔を出しては、母親からお金をもらう一人前のギャンブラーよ。駅前のパチンコ店では『王子』と呼ばれているって。

※女性セブン2014年7月24日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング