電車優先席の携帯オフ 関東と関西で車内対応が分かれた理由

NEWSポストセブン / 2014年7月16日 11時0分

「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」──電車内でよく聞くこのお馴染みのアナウンスが関西で消えた。電車内での携帯電話ルールを巡って大きな変化が起きている。

 京阪神地域を走る電車は各線とも、この7月1日から優先座席での携帯電話の電源オフキャンペーンを取りやめた。

 これまで乗客は、「携帯電話の電波が心臓ペースメーカーの誤作動を誘発するから」という理由で、優先座席付近では終日、携帯電話の電源を切るよう求められていたのだが、7月以降は「混雑時」だけオフにすればいいということになったのだ。「電源オフ車両」を走らせていた阪急電鉄の説明。

「電源オフ車両は2003年から導入していました。当時の総務省の指針もあり、現在より心臓ペースメーカーへの影響を心配する方が多く、お客様が不安にならないよう明確にしたほうがいいという考えがあったからです。

 しかしこの度、その総務省の指針が変わりました。他社との相互乗り入れなどもあるので、関西全体で統一したほうが、お客様により理解していただきやすいという判断で廃止しました」(広報部)

 関西の私鉄24社が加盟する関西鉄道協会とJR西日本がルール変更に踏み切ったきっかけは、昨年1月に総務省が行なった「携帯電話の扱い方を定めた指針」の改正にあった。

「2012年7月、電波出力が強く、ペースメーカーの動作に影響があるといわれていた第2世代(2G)と呼ばれる携帯電話のサービスが終了しました。

 それを受けて第3世代携帯(3G)を使って、25種類のペースメーカーを対象に測定したところ、3cm以上離れれば携帯の電波はペースメーカーに影響を与えないことが判明した。そこで『混雑した場所では注意する』と、指針を改定したのです」(総務省総合通信基盤局電波部電波環境課)

 そもそも、携帯電話でペースメーカーの誤作動が起きた事例はこれまで一件も報告されていない。携帯マナーを巡るトラブルも多かった。

 一昨年の9月にはJR亀有駅で、車内の携帯使用を巡って男性2人が口論となり、一方がエスカレーターの上からもう1人を突き落として重傷を負わせる事件があった。事件には至らないまでも、「携帯電話の使用に関する揉め事は日常茶飯事」と語るのは、関西の某私鉄の職員である。

「関西はこうしたマナーに関してやけに正義感が強い土壌なのか、トラブルが特に多いように思われます。優先座席の近くで携帯を使用しているお客様がいると、乗務員に“注意しろ”と要求する方もいますし、お客様同士でトラブルになることも多い」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング