堺雅人 半沢続編を蹴って大河主演を選んだのは正解だった?

NEWSポストセブン / 2014年7月26日 7時0分

写真

堺雅人主演の大河はどうなる!? キャメレオン竹田が大胆予言

 西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いにより、Facebook上でもっとも知名度の高い占い師と言われるキャメレオン竹田。そんな彼女が、旬の有名人の未来を予測するシリーズ「あの人のこと“きゃって”に占っちゃいました」。今回は、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』で主人公・真田幸村を演じることとなった堺雅人を占ってもらいました。

 * * *
──今回は、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主演を務める堺雅人さんを占っていただこうと思います。堺さんといえば、『半沢直樹』(TBS系)で注目を集めたわけですが、大河ドラマ主演に決まったことで、少なくとも2017年までは『半沢直樹』の続編がなくなってしまったと言われています。

竹田:2016年は堺さんの運気がものすごく上がっていく1年なんですよ。なので、大河ドラマで1年間主演するというのは、とても良い選択だったと思います。本人の運気とともに、ドラマの調子も良くなって、大ヒットにつながりそうですね。

──ということは、『半沢直樹』の続編をやるよりも、大河ドラマのほうが良かったということですね?

竹田:そもそも堺さんは刺激を求めるタイプなので、同じことをやるよりも、新しいことにチャレンジしたほうが、運気も上がっていくんです。この大河を機に、すごい俳優になりそうですよ。渡辺謙さんみたいなっちゃうかも。

──ハリウッドも夢じゃない!

竹田:堺さんは、現場にたくさん人がいるような作品に向いているんですよね。大作向きというか。そういう意味では大河ドラマはとても合っているし、それこそハリウッド映画なんかはいいと思いますよ。どんどんスケールが大きい作品に出たほうがいいです。

──ちなみに、『半沢直樹』は菅野美穂さんとの結婚後、最初に放送されたドラマだったんですが菅野さんとの結婚は、堺さんにとって良い影響を与えたのでしょうか?

竹田:菅野さんはものすごく“あげまん”ですね。菅野さんと一緒にいることで、堺さんの俳優としてのパワーが外に向かって広がっています。なので、堺さんのブレークは菅野さんのおかげです(笑い)。

──そうなんですね! じゃあ、絶対別れちゃダメですね。

竹田:そうそう。でも、菅野さんと一緒にいることで、堺さんは俳優としてすごく忙しくなるわけですよ。そうなると夫婦の時間が減ってしまって、関係が悪くなっちゃうことがあるかもしれないですね。菅野さんがあげまん過ぎて、裏目に出てしまう可能性はあります。あげまんのジレンマですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング