高速道路の大渋滞 「下道の方が早い」と考えるのは愚の骨頂

NEWSポストセブン / 2014年8月12日 7時0分

 道路の渋滞がピークを迎える夏の行楽シーズンを前に、テレビ番組や雑誌などで必ず検証実験が行われる“名物企画”がある。

<渋滞の高速道路と下道の一般道路、どちらが早く目的地に到着できるか?>

 これら企画はゴールデンウィークや年末年始にも行なわれることもあるが、高速道路の渋滞の長さによっては、「一般道路に降りたほうが早いのでは?」と考えたくなるのも当然だ。

 しかし、『渋滞学』(新潮選書)の著者で東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授の調査によれば、これは愚の骨頂だという。

「高速道路で時速20kmなら、並走している一般道路は時速5km。ただし、首都高速では一般道に降りてもさまざまなルートがあるので、下道を選んだほうが早い場合もあります」(西成教授)

 車が少しでも動いているなら、高速道路で我慢するほうが賢明な選択のようだ。

※週刊ポスト2014年8月8日

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング