高橋英樹に罵倒された蛭子能収に「高橋さんは苦手?」と直撃

NEWSポストセブン / 2014年7月31日 7時0分

 東京の夏の夜空を彩る風物詩──7月26日、第37回隅田川花火大会が開催され、96万5000人の見物客が足を運んだ。その模様は、テレビ東京が生中継。総合司会は高橋英樹(70才)が務め、娘・真麻(32才)も中継レポーターとして登場、花火大会を盛り上げた。特に真麻は、昨年、悪天候の中の“根性レポ”が話題を呼んだため、今年は“リベンジなるか”と注目を集めていた。その甲斐もあってか、2007年以降最高の11.0%という高視聴率を記録した。

 そんな娘の活躍を温かく見守った高橋だったが、唯一、番組に気にくわないことが…。それはゲストとして出演した“ある人物”のことだった。

 その人物とは、今や同局の大人気旅番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の“看板”出演者である蛭子能収さん(66才)だ。普段は娘思いで、ファンを大切にする、温厚なイメージの高橋だが、同番組での蛭子さんへの当たりだけは、いつもの“それ”とは違った。

 番組を振り返ってみよう。まず、冒頭に高橋親子と蛭子さんが、事前に収録された花火大会が行われる地元・浅草を巡るロケVTRが流れる。そこでは、こんなやりとりが──。

 浅草・雷門の前に並ぶ高橋親子。そこで真麻が「ちょっとスペシャルなゲストをお呼びしております」と言うと、高橋は「スペシャル!?」と怪訝な表情を浮かべる。そんな父の顔色を気にしてか、真麻は「スペシャルは言いすぎた」と取り繕う。

 これには蛭子さんも、「いやスペシャルでいいんですよ、別に! オレ、今テレビ東京の顔なんですよ」と苦笑いで登場するしかなかった…。

 そして、仲見世通りを歩き出す一行。すると、突然、高橋が「ところでさ、何でよりによって蛭子さんが今日のゲストなんだろうね?」と毒突き始める。

 またもや困った蛭子さんは、オロオロ。「実は第2会場の花火の打ち上げのレポートする…オレと(『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の共演者の)太川陽介さん(55才)で…」という蛭子さんの説明に、それまで強ばった表情だった高橋の顔が一変する。「それならわかるわ!(ロケの日は)太川は忙しくて蛭子だけが暇だったんだね(笑い)」と、蛭子さんをからかって嬉しいのか、なんだかご満悦。

 しかも、番組でカットされた部分では、もっと強烈な罵倒を繰り返していたという。

「ロケの間、高橋さんは人気者を気取る蛭子さんに対して“お前、『バスの旅』が当たってるからって調子にのるなよ、バカヤロー!”とか“蛭子、お前は相変わらずダメだな!”なんて罵っていたみたいなんです。野次馬のおばちゃんやスタッフには優しいのに、蛭子さんにだけ厳しいので、多くのスタッフが困惑したそうですよ」(テレビ東京関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング