お笑い追っかけ女性 年間600本のライブ観覧、休みほぼなし

NEWSポストセブン / 2014年8月5日 7時0分

 12年前、タカアンドトシのライブを見たのがきっかけでお笑いファンになった都内在住の福田千浦さん(47才)が現在メインで追いかけているのは、吉本のお笑いコンビ「LLR」だ。彼女のモットーは「ブレーク前の芸人の、客が集まらないライブにこそ出かける」こと。そのほうが覚えてもらえるからだという。

「ライブ会場だけじゃなく、ショッピングセンター、女の子があまり行かない競馬場などの営業先、県外の学園祭にも足を運びます。1日2~3本のライブに出かけて、ライブ後に出待ちして帰宅すると深夜0時半になる日がほとんど。カメラを必ず持っていって一緒に写真を撮ってもらいますが、3時間待って会えない日もザラです」(福田さん)

 年間600本のお笑いライブを観覧し、累計で7000本のライブを見たという。スケジュール帳は常に2冊持ち歩き、1冊は追っかけ専用で小さな字で予定がびっしりと書き込まれて真っ黒。休みはほとんどない。

「公式ホームページで告知されていない予定は、出待ちの際に本人に『今度どこに出るの?』と聞いて教えてもらいます。今私が追っかけているLLRはあまりサービス精神旺盛なタイプではないんですが、逆に素っ気なくされると燃えます(笑い)。

 これまでの最高記録は月に73本でしたが5月に月85本も見に行って記録更新しちゃいました。少し減らさないと駄目ですね~」(福田さん)。

※女性セブン2014年8月14号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング