ヘビメタと料理が融合「メタルめしは大人のキャラ弁」と識者

NEWSポストセブン / 2014年8月10日 16時0分

 音楽と料理はそのそのものを愉しむだけでなく、人と人をつなげる効果があるのではないか。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が一冊の奇妙な料理本から考える。

 * * *
 凄い本と出会ってしまいました。「料理勉強家」ヤスナリオさんによる『メタルめし!』(DU BOOKS)という本です。その名の通り、ヘビィメタルにインスパイアされた料理レシピ本です。メタルにちなんだ料理と、そのレシピ、写真が103ページにわたり、紹介されています。この本を読んで、私は料理と音楽がコミュニケーションツールとなっているなと確信しました。

 この本で紹介されている、いくつかの料理をご紹介しましょう。METALLICAの3RDアルバムといえば、『MASTER OF PUPPETS』です。1986年にリリースされたこのアルバムですが、十字架が並ぶ墓場を描いたジャケットはあまりに有名ですし、同名の曲はMETALLICAの代表曲となっており、未だにライブで演奏されています。

 この曲にインスパイアされた料理が、「マスター・オブ・ナゲッツ」です。「ナゲットというよりは、フライドチキンでは?」と思うほどの、大きなチキンナゲットがドーンと構え、その周りに十字架の形をしたポテトが並びます。この十字架の形をしたポテト、食感も最高です。例の中国食材の大幅期限切れの腐敗鶏肉問題が、コンビニチキンナゲットで起きましたが、自分で作るならその辺も安心ですよね。

 メタル好きでなくても、簡単にできる夜食として美味しいのが、「2ミニッツ・トゥ・ミッドナイト・ヌードル」。元ネタは英国が誇るヘビィメタルバンド、アイアン・メイデンの代表曲”2 MINUTES TO MIDNIGHT”です。邦題が「悪夢の最終兵器・絶滅2分前」なのが、笑えるような、怖いようなという感じですが。この料理、ポイントは深夜に2分で完成してしまうことです。

 鍋に豆乳、水、白すりごま、ちんげん菜を入れて、沸騰したらそうめんを加えて、麺をほぐしながら2分茹で、食べるラー油をかけて出来上がり。簡単ですね。作り方も、食べるラー油も、実にロック。この料理の邦題は「深夜の最終兵器・満腹2分前」という感じでしょうか。

 他にも、パンヘイレン(ヴァン・ヘイレンにかけたもの)、モツ煮ーカレー(モトリー・クルーにかけたもの)など、面白いレシピが続きます。料理好き、メタル好きにはたまりません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング