看取り士が語る臨死体験 「亡くなった人に会うことが多い」

NEWSポストセブン / 2014年8月10日 16時0分

 死に直面した時、何やら不思議な体験をしたというのはよく聞く話だ。数年前、がんの治療中に肺炎をこじらせて集中治療室に入った柿沼雅さん(32才・仮名)は、こんな不思議な体験をしたという。

「意識が朦朧とする中、5年前に亡くなった大好きだった祖母や、昔飼っていた犬や猫が私を手招きして呼んでいた。近づいていくとみんなに囲まれてとても幸せな気持ちでしたね。空から『大丈夫だよ』とやさしい声がして温かい空気に包まれ、何度も『大丈夫』と言われて安心したのを覚えています。

 肺炎で苦しかったはずなのに、全く苦しくありませんでした。後で家族から危険な状態だったと聞きました。このまま幸せな気分でずっといたいなと思っていたんですが、母の声が聞こえてきて気づくとベッドの上。この不思議な体験をしてからはいつも祖母に守られているような気持ちになり、家族にもやさしく接するようになりました」

 自宅での看取りをサポートする「看取りのプロ」たちは現場でいくつもの神秘現象に出合っている。一般社団法人「日本看取り士会」代表理事の柴田久美子氏は、約10年前からこれまでに50人ほど看取ってきた。柴田氏の印象に残っているのは、ホスピスで亡くなった64才の男性のケースだ。

「そのかたはがんで余命1か月を宣告されホスピスに入りました。娘さんが毎日お見舞いに通いましたが、精神的に不安定なときがあったんです。ある時、『車で走っていたら田んぼのあぜ道に車が落ちて脱輪してしまった。困っていると亡くなった友人たちが力を合わせて車を田んぼから引き揚げてくれたんだよ』と話してくれた。体は抗がん剤でボロボロでしたが、この“夢”を見て以来、精神的に楽になられたようです。ニコニコ笑って満面笑みで友人のお話をされていました。そしてすぐに安らかに旅立たれました」

 こうして見てみると「出会う人物」は人それぞれだ。いったい誰と会うことが多いのだろうか。

「亡くなった両親に会う人が多いようです。両親がご健在であれば、母系の父母、つまり母方のお祖父ちゃん、お祖母ちゃんが多いですね。既に亡くなった友人が現れることもあります」(柴田氏)

※女性セブン2014年8月21・28日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング