マイコ GAPでの販売員経験のおかげで妻夫木を落とした説

NEWSポストセブン / 2014年8月22日 7時0分

 妻夫木聡(33才)との交際が発覚した女優・マイコ(29才)は、2006年、21才のとき、化粧品のCMで芸能界デビューした。そのCMが話題を呼び、2008年公開の映画でいきなりヒロインデビューを果たした。

 2010年にはNHK大河ドラマ『龍馬伝』で、香川照之(48才)の妻役で注目を集め、翌2011年にはNHK連続テレビ小説『おひさま』でヒロイン・井上真央(27才)の親友役に抜擢された。

 そんなマイコはなぜ、芸能界きってのモテメン・妻夫木をオトすことができたのか?

「順風満帆な人生に見えますが、彼女は挫折経験も多いんです。子供のころからバレエを習っていてプロを目指していたんですが、16才の時に体形の変化とか膝の故障があってやめることになったんです。それで憧れていた芸能界に入るためにオーディションに臨んだものの結果が出なかった。だから今は売れっ子となりましたが、女優の仕事に対しても、仕事仲間に対してもすごく真摯に向き合うんです」(芸能関係者)

 そこには、マイコの“仰天前歴”が無関係ではない。

「実は彼女、デビュー前に『GAP』の販売員を3年間していたんです。もともとネガティブで人づきあいも得意ではなかったそうなんですが、販売員の仕事のおかげでコミュニケーションスキルが磨かれたようですね。相手が誰であっても、真っ直ぐ目を見て、はきはきと自分の思いを正直に話すんです。不器用なところがありますが、それさえも周囲に“彼女をなんとかしてあげたい”って気持ちにさせる魅力があるんですよね」(映画関係者)

『おひさま』で共演した満島ひかり(28才)はあるインタビューで、クランクイン前に香川照之からこんなお願いをされたことを明かしている。

「マイコちゃんはきっと、1人で考え込んじゃうかもしれないから、面倒みてやってね」

 妻夫木さんも、そんなふうに彼女を心配しているうちに恋にオチていったのかなぁ…。

※女性セブン2014年9月4日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング