スバル新WRX 「VWのゴルフRも真っ青の出来栄え」と評論家

NEWSポストセブン / 2014年8月25日 11時0分

写真

スバル「WRX S4」はスポーツセダンとして第一級の乗り心地

 スバルが8月25日に発売した新型スポーツセダンの「WRX」は、富士重工業が<すべてのイノベーションを駆使して開発した>と力説するほど走行・安全性能に自信を持った1台だ。

「スバルの未来を決めるクルマになる」と話すのは、自動車ジャーナリストの井元康一郎氏。発売前に試乗したという井元氏に、WRXの“乗り味”をどの自動車専門誌よりも早くレポートしてもらった。

 * * *
「WRX」の名は旧型までは主力モデル「インプレッサ」のスポーツバージョンにつけられていたサブネームだったのだが、新型ではインプレッサから独立させた。海外ではすでにWRXはスポーツカー好きには特別視される名称となっていたこともあり、今回のブランディング戦略を取ったとみられる。

 そのWRXだが、サーキットでの連続走行もこなせる「WRX STI」と、公道でのツーリングが主体の「WRX S4」の2系列がある。

 2リットルターボエンジン+AWD(四輪駆動)という組み合わせは旧型と同様だが、、ハッチバックボディはなくなり、4ドアセダンのみ。その両モデルについて、富士スピードウェイでテストドライブを行う機会があった。

 まずはSTI。富士スピードウェイの本コースに出てみてまず印象的だったのは、サスペンションをはじめ走りを支える部分の柔軟性の高さだ。

 前後245mm幅という、2リットルモデルとしてはきわめて太いスポーツタイヤを履いているのだが、サスペンションがその強力なグリップを受け止めるだけの固さとしなやかにロールするスムーズさを兼ね備えたものに仕上がっており、高速コーナーを攻めこむように走っても不安感を覚えるようなことがない。

 2リットルの直噴ターボエンジンは、最高出力308馬力。数値的にはストリートモデルのS4を8馬力上回るだけだが、パワーカーブのグラフを見るとおよそ5000rpmから8000rpmまでの広い範囲で280馬力以上のパワーを出せるセッティングとなっている。

 車体の安定性がきわめて高いのので緊張を覚えるような速さは感じない。が、6速MTを3速、4速とシフトアップさせるとちょうど8000rpmから6200rpmくらいに回転が落ち、エンジンの最もパワーの出る状態を外すことなく加速ができるように仕立てられており、富士スピードウェイの最終コーナーからの長いストレートでは、あっという間にスピードリミッターが作動する180km/hに到達するダッシュ力を見せた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング