土砂災害が危惧される土地 東京では世田谷や荻窪・白金など

NEWSポストセブン / 2014年9月1日 7時1分

 8月20日未明に広島市北部で発生した大規模な土砂崩れによる被害。山ではなくとも、傾斜地に住むこと自体が、土砂災害のリスクを負うことになるのだという。防災都市計画研究所の吉川忠寛所長がこう語る。

「傾斜地を宅地化する際は、盛土といって、平らにするために土を盛るんですが、この盛った部分は、他に比べて地盤が弱く、それだけ崩れやすいんです。

 なので、広島だけでなく、これまでも経験したことがないような豪雨となれば全国的にどこの傾斜地でも危険なんです。たとえば、山口県岩国市は、広島県と同じく真砂土の地質が広がっており、傾斜地での土砂災害が危惧される地域です。

 東京でいえば、世田谷や荻窪など、谷地形の地域は要注意です。また、川筋の土地も、盛土をして埋め立てているので、地盤が弱いです。東京・白金はセレブの街として有名ですが、高台の下に谷地が広がっていまして、しかもそこは河川流域なので、地盤も弱く浸水もしやすいという、注意すべき土地です」

 実際、前述の『全国土砂災害危険箇所マップ』では、東京だけで3786か所も危険か所があることがわかる。

 さらに、気象庁の調べによれば、この20年間、夏場の豪雨(1時間80mm以上)の回数が年々増加しているという。日本中で、いつどこで次の大規模土砂災害が起きてもおかしくないということを肝に銘じておきたい。

※女性セブン2014年9月11日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング