バリエーション豊かなゴルフのパター ヘッド形状別の選び方

NEWSポストセブン / 2014年9月6日 7時0分

 パターは最もバリエーションが多いゴルフギアだ。人気ブランドのオデッセイだけでも100モデル以上あり、9月にはフェースに網目状のステンレスを装着して、打ち出し角やスピン精度を高めて転がりを安定させる新モデルを発売して話題になった。たくさん種類があるからこそ、パター選びにおいては機能や設計など最新テクノロジーの利点を知ることが不可欠となる。

「最近は重さやバランスだけでなく、視覚効果で余計な動きを抑え、自然なアドレスやストロークできるものを生み出すタイプが増えています」(クラブ設計家の松尾好員氏)

 視覚効果を狙った代表的なパターが「コントラストモデル」である。白と黒のコントラスト効果により、フェースの向きがつかみやすく、目標に向かって真っ直ぐに構えることができる。

「横線はスクエアに構えられ、縦線は残像効果がある。アドレスやストロークに不安のあるゴルファーに向いています」(松尾氏)

 ヘッド形状とストロークとの相性も重要だ。ヘッド形状は「ブレード」「マレット」「ネオマレット」「L字」に分類できるが、最近はヘッド重量が重く、変わった形状の「ネオマレット」や「マレット」が次々と発売されている。

「直進性が強いためヘッドが真っ直ぐに動き、芯を外した時の距離や方向のブレが少ない。デザインが違っても機能はほぼ同じですので、アドレス時に安心感がある形状や色を選びましょう」(松尾氏)

 だが、小さいテークバックから手首のコックを使ってフェースを開閉して打つタイプは、「マレット」を使うと逆効果になるという。そうしたゴルファーには「ブレード」や「L字」が向いている。

 打感にも気を配りたい。打った感触とボールの転がりのイメージが合うことが大切。イメージより打感が柔らかいと無意識でしっかり打つようになり、逆にしっかりした打感だと弱めに打つようになるという。ショートが多ければ柔らかいタイプを、オーバーが多ければ硬いタイプを選ぶとスコアアップにつながるかもしれない。

※週刊ポスト2014年9月12日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング