白物家電、携帯電話、スマホなど現行モデル購入は9月がお得

NEWSポストセブン / 2014年9月13日 16時0分

 企業の中間決算にあたる9月はいろいろなモノが安くなる“当たり月”でもある。お得なチャンスを逃さずにしっかりゲットすべき時期だともいう。

「冬のボーナス商戦に向けた新商品は10月から登場します。そのため、家電量販店では在庫処分で9月頃から現行モデルの価格がグッと下がります」と語るのは、節約アドバイザーの丸山晴美さん。特におすすめなのが白物家電といわれる冷蔵庫や洗濯機。

「この2つの家電は、新商品であっても便利機能などがプラスされているだけで、ひとつ前の製品と基本性能に大きな違いのないものが多い。現行モデル発売から1年ほど経つこの時期は価格面、機能面から見てもお買い得です」(丸山さん)

 続いて、携帯電話やスマートフォンは6月、10月の新モデル発売に合わせ、9月頃から旧モデルが値引きされる。ITジャーナリストの三上洋さんはiPhoneがおすすめという。

「家電量販店などでは、iPhoneの新モデルが9月に発表されるという情報だけでも割引を開始し、現行モデルの価格がガクンと下がり始めています。新モデル発表により、さらにお得に手に入れることができる可能性が高まるでしょう」

※女性セブン2014年9月25日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング